Sponsored Link

iPhone6S、SEが発売されて数か月。

最近ではiPhone7の噂がちらほら聞こえてくるようになりましたね!

iPhone7発売日はいつなのか気になっている人が多いみたいです。また、最近のシリーズではサイズの大小があったものの、デザインとしては単調という指摘が多かったように思います。

しかし、アップル社は次回のiPhone7はスマホ業界に新たな革命を起こす可能性が高いです!製造業の動向を見ればそれはかなり高確率な情報だと思います。

特に、有機ELの搭載によって新たなデザインに仕上がるとの噂です!

この記事では、iPhone7の発売日デザインを予想しちゃいます!

スポンサードリンク

iphone7の発売日

まず、これまでのiPhoneシリーズの発売日を確認してみましょう。

  • iPhone初代:2007年6月29日
  • iPhone3G:2008年7月11日
  • iPhone3GS:2009年6月19日
  • iPhone4:2010年6月24日
  • iPhone4S:2011年10月14日
  • iPhone5:2012年9月21日
  • iPhone5S、5C:2013年9月20日
  • iPhone6、6PLUS:2014年9月19日
  • iPhone6S:2015年9月25日
  • iPhoneSE:2016年3月31日
  • iPhone7:?

これを見る限り、発売日9月と予想している方が多く、そういうサイトも多く見られますね。

しかし、私の入手した情報では、本命は10月遅くて12月になると聞いています。

製造業に携わっている人に聞いたんですけどね。本当かは不明ですが、確かに半導体業界は夏までは生産予定が詰まっていて忙しいという情報をあちこちで耳にします。

9月発売というのは納期的に微妙な時期ですので、10月以降になると思います。

iPhone5~6辺りからアップル社の伸び悩みが見えてきました。ユーザーも目新しさが無くなり、国産スマホがイマイチな以上、消去法でなんとなくiPhoneを使っているのが日本人の大半でしょう。

そこで発売したのがiPhoneSE。今までのiPhoneの良いところの総集編のようなスマホです。

このタイミングでこれを出してきたということは、iPhone7までの時間稼ぎかつiPhone7はこれまでの常識とはかけ離れたものになる可能性を暗示しているように思います。

iPhone7のデザイン

私の入手している製造業ルートの情報ですと、次回のiPhone7有機ELが採用され、しかも折り畳み式になるとのことです。iPhone7発売日デザイン予想

こんな感じ。ただ、私の聞いている噂では、任天堂DSのような2画面になるとのことです。

一見すると、これのどこが良いのか、そもそも折り畳み式にする必要性はあるのか謎です。

しかし、確かにこれならば今までの常識とはかけ離れていて、もしかしたら再び私たちの暮らしに革命を起こすマシンになるかもしれません。

2画面のハードになり、画期的なソフトが開発された暁には、世の中にイノベーションを起こすことでしょう。

少なくとも、有機ELの採用は濃厚です。有機ELが採用されれば、さらに薄く軽量化出来ますので、デザインは自由自在です。

その他の機能iPhone7発売日デザイン予想2

Appleがプリント回路基板に、耐水性の『コンフォーマルコーティング』という特許を取得したとの噂が出ています。

つまり、iPhone7はついに防水仕様のiPhoneとなる可能性が極めて高いのです!

防水機能がないが為にAndroidを使うスマホユーザーも多かったのですが、iPhoneに防水機能がつくことで、より一層iPhoneユーザーが増えそうです。

日本のスマホメーカーが壊滅状態なだけに、いよいよiPhone以外を使う理由が無くなってきそうです。

また、その他には「ワイヤレス充電」が噂されています。

コンセント無しで充電出来るなんて本当に可能なのかよくわかりませんが、ワイヤレスで充電が出来たらさらに暮らしが便利になりそうですね!

5/2のティム・クックCEOの発言

「現在は必要ないと思っているものの、生きる上では必要不可欠になるもの」

このようにクックCEOが時期iPhoneについてコメントしました。

そこで、私は以下の2つを考察しました。

【人工知能】

人間は1人では生きていけません。このことから、「ロックマン」のような人工知能がiPhone1台1台に搭載されることを予想しました。

Apple社は常にイノベーションを起こそうとしています。

今から数年前、世界には携帯電話が普及していました。そこに現れたのはiPhoneなどのスマートフォン。携帯電話は瞬く間にインターネットマシンへと変貌を遂げ、私たちの暮らしにインターネットは欠かせないものとなりました。

10年前からの変化=「携帯」+「インターネット」ということは、10年後の変化は「インターネット」+「何か」であることは間違いありません。

そこから考えたのは、「ロックマンのような携帯型人工知能」です。Siriが搭載されてきたのはそれの伏線であることは間違いないでしょう。人工知能を世間に普及させるファーストペンギンにアップルはなるのかもしれません。

【お金】

お金は間違いなく生きていく上では必要です。

「インターネット」+「お金」から導かれる答えは最近話題?の「ビットコイン」です。

今のところいらないかな~と思うのですが、一度電子マネーが前提の社会が到来したら、もうもとには戻れなくなるかもしれません。

次世代iPhoneは、ビットコインを普及させる画期的マシンになるのかもしれません。

※あくまでも予想というか、妄想なので、反論は受け付けません・・・。

おわりに

いかがでしたか?

iPhone7発売日デザインの予想を書いていきましたが、最後の方はちょっとスケールが大きくなりすぎた妄想を書いてしまいました。(でもいずれは実現するであろう機能だと思っています。)

私自身、出来れば国産のメーカーに頑張ってもらいたいと思っているのですが、もはや日本ではiPhoneはインフラのようなものになりつつあるように感じます。

果たして、次世代iPhoneは私たちの常識を打ち破ってくれるのでしょうか。

総集編ともいえるiPhoneSEを出してしまったことで、iPhone7への期待はますます高まるばかりです。

発売日の10月、遅くとも12月が待ち遠しいですね!

Sponsored Link