Sponsored Link

テレビ朝日の木曜ドラマ『DOCTORS 3 最強の名医』に相原亜美役で出演中の黒川智花さん。

いつも明るく笑顔の看護師さんなんですが、どこか抜けていておっちょこちょいなミスを犯してしまうという役が黒川さんに合っていてとても可愛いですよね!

また、黒川智花さんといえば、ドラマ『3年B組金八先生』に出演していたことでも知られています。当時観ていた人にとっては懐かしいですよね!!

また、当時観ていなかったという方も、絶対に知っておいてもらいたいドラマです!

そこで今回は、黒川さんの『金八先生』出演当時の思い出を振り返ってみたいと思います!

スポンサードリンク

黒川智花さんのプロフィール

黒川智花 ドクターズ 金八本名:黒川智子
生年月日:1989年8月1日
年齢:25歳
出身地:東京都
血液型:O型
身長:160cm
スリーサイズ:77-57-79
カップ:Cカップ(推定)
高校:堀越高校
大学:亜細亜大学経営学部

2001年に、大人気少女マンガ雑誌「りぼん」にて、当時12歳で初代モデルグランプリに選ばれて読者モデルになりました。

それが芸能事務所の名門の「研音」の目に止まり、芸能人としてデビューすることになります。

2005年にはドラマ『雨と夢のあとに』にてドラマ初主演を飾り、その後数々のドラマに出演しています。

最近ですと、ドラマ『黒服物語』『シンデレラデート』に出演なさっていました。

また、2010年(当時20歳)の時に過激な写真集を発売しています。

⇒黒川智花「風化」写真集はこちらから

金八先生での思い出

『3年B組金八先生』第7シリーズ(2004年10月15日 – 2005年3月25日)で、稲葉舞子役を演じました。

黒川智花 金八
どんどん危険な方向へ突き進んでしまう幼馴染の丸山しゅう(八乙女光)を放っておけない大人しい女の子役は黒川さんにとっても合っていましたよね!

この頃から上品な可愛さがにじみ出ています!

黒川智花 金八これなんか、しゅうのことが大好きすぎて思いっきり凝視しちゃっています(笑)

小塚崇史(鮎川太陽)のことが好きな麻田玲子(福田沙紀)から猛烈な(理不尽な)誤解をされ、思いっきり睨み合っているシーンなんかは、今では絶対に観ることの出来ない貴重なシーンですよね!!

黒川智花 金八3これなんですが、崇史が自殺未遂したときに、舞子が原因であると玲子が勘違いしたことがきっかけで始まった取っ組み合いのけんかです。

玲子は女王様キャラでしたので、取っ組み合いの喧嘩に違和感はありませんでしたが、大人しい舞子が喧嘩をするとは意外でした。

というのも、当時舞子はしゅうのことで色々心が荒れていたんですよね・・・。

また、個人的には黒川さん演じる稲葉舞子は常に泣いていた記憶があります。

もうどんだけ泣くんだよ!ってくらい泣いていました(笑)

ただ、涙を流す黒川さんの演技が本当にうまくてびっくりした記憶があります。

あんな顔で泣かれたら、お茶の間で観ている私たち視聴者は、そのドラマの世界観に完全に引き込まれてしまいますよ。少なくとも私はそうでしたね。

黒川智花 金八2というワケで、短いですが、『金八先生』での黒川智花さんの思い出を振り返りました。

もしも当時の放送を観ていない方がいましたら、是非DVDなんかで観てみることをオススメします!

Sponsored Link