Sponsored Link

電通新入社員過労死。自ら命を絶った事件ですが、「上司は処分を受けたの?」、「そもそも誰に問題があったの?」と疑問に思う方が非常に多いみたいです。

電通といえば就活生憧れの大企業です。

高給な分、仕事はハードであり、新入社員が過労死してしまうという悲劇が起きてしまいました。

だからといって、電通がブラックと判断するには浅はかであると思います。

今回は、電通の新入社員の過労死事件の問題点を列挙してみたいと思います。

スポンサードリンク

上司の責任と処分

この事件ですが、皆さんご存じの通り、「休日出勤、連日の睡眠時間2時間、月残業100時間以上が続いたことで、新入社員の女性が自ら命を絶ってしまった」という事件になります。

 

まず、問題として挙げられるのは、上司です。

 

一説によると高橋さんは、女子力が無いというイジリや、目を充血させて会社に来るなだとか髪の毛がボサボサのまま会社に来るな、などと言われ続けていたようです。

 

何気ない一言が他人を傷つける、とは我々が小学校で習ったことで、「甘えるな」だとか「その程度で傷つく方が悪い」、「根性が無い」と考えるのはあまりにも自分本位な意見です。

 

今回は、こういった心無い発言を日ごろから受けていたということみたいです。

残念ですが、上司の責任は逃れられず、処分を受けるのは仕方のないことでしょう。

 

降格処分や自宅謹慎の処分が下されていてもおかしくありません。

 

会社の体制

そもそも、それだけの仕事量を新入社員に任せるのがおかしい。

 

という意見もあるかと思います。

これに関しては、我々としては何とも言えません。

 

もしかしたら本当に仕事量が異常だった可能性もありますし、たまたま高橋さんの苦手なことが多く、仕事に多くの時間が掛かってしまっていた可能性もあります。

 

他の社員はなんとか食らいついていることからも、単に仕事量が問題だったワケではないと思います。仮にも東大に入るまで努力を続けてきた高橋さんなだけに、努力が全く出来ない人ではないということが明らかだからです。

やはり、人間関係やプライベートがうまく行っていなかったというのが今回の事件の原因の一旦を担っていると思います。

 

高橋さんのTwitterを見ましたが、彼氏と別れており、独り身のクリスマスを過ごしていたことが影響していそうです。やはり、心のよりどころとなる存在は必要ですよね。

嫌なら辞めるべき?

そんなに仕事が嫌なら辞めればいい。

 

という意見もあると思います。

私でしたら、死ぬくらいなら辞めますね。

 

ただし、絶望に染まった人間にはそれが考えられないんですよね。

仮に退職も考慮に入れていたとしても、確実に今よりも社会的ステータスが下がります。

電通以上の会社に新卒で転職なんて、まず不可能ですからね。

 

会社を辞めてもやりたい仕事がなく、今よりも富も名声も下がる・・・。

しかも東大卒ということで、周りから異常者扱いされる。

こういったマイナス要素を考え、絶望に染まってしまったのでしょうか。

 

大事なことは自分がどうしたいか

大事なのは、自分がどうしたいか。ということでしょう。

本当にやりたいことを仕事としている人は、仕事が辛いだなんて言いませんよね?

 

ただ、もちろんやりたくなくても、生きる為に仕事をしなければならない、というのはあると思います。

ただ、今って色々な働き方があるんですよね。

 

クラウドソーシングであったり、インターネットビジネス、高級バイト、トレードなど、様々な稼ぎ方があるんです。

 

だから、今が辛くて死ぬくらいなら、逃げ出して自分の欲望に忠実に生きればいいのです。

周りの目を気にしていたら何も出来ません。

成功者は、数えきれないほどの失敗をしているんですから。

ましてや20代だったら本気を出せば殆どなんだって出来ます。

 

今回の事件は、生きる希望を与えることが出来なかった日本の社会全体における問題とも言えるでしょう。

自殺大国ニッポンは、なんとしてでも是正していかなければならないのです。

Sponsored Link