Sponsored Link

石田健大投手と言えば、日本代表にも入っていて注目が集まっていますよね。

プロ野球もシーズンが終わりましたが今年のセ・リーグは広島や横浜が頑張ってくれたおかげもありかなり盛り上がっていましたね。

セ・リーグで優勝した広島もかなりの盛り上がりでしたが今年は広島を差し置いて(?)横浜DeNAの頑張りがすごかったです。その中で投手としてかなり貢献したのが石田健大投手でしょう。

どんな球種を持っているのか、けっこうイケメンという噂なので彼女はいるのでしょうか?そして2016年成績をチェックしてみましょう。

スポンサードリンク

石田健大のプロフィール

1993年3月1日生まれの現在23歳という若手の石田健大投手。出身は広島で幼い頃から祖母と共に広島市民球場に行く程のカープファンだったそうです。

その影響からか小学生の時にはソフトボール、中学・高校と硬式野球をしていて広島県立広島工業高校時代は中国地方での投手は彼が一番!とも言われた程の凄腕でした。

残念ながら甲子園出場経験はないのですがそれでも一番と言われたのはよほどの腕が無ければできないことですよね。

そんな左投・左打ちの腕前を持った石田投手、高校卒業後はプロ野球の世界に入るのかと思いきや法政大学に進学したのです。

法政大学はもちろん、野球の強豪なのでそこでも石田選手は頭角を現して世間から注目されました。

しかし、大学4年の時に左肩の故障が悪化したため思うような成績を残すことができず、大学卒業前のドラフトではDeNAが2巡目にて指名、契約に至った経緯となりました。

気になる球種は、180センチメートルの長身から繰り出されるストレートが一番先に挙げられます。

ストレートの最速は時速150km、変化球はスライダー、チェンジアップ、カーブを投げ、2016年からフォークボールを使い始めたとの情報です。

 

気になる彼女は?

イケメンで何となく幼い感じが残る風貌の石田投手。これではさぞ世の中の女性が放っておかないでしょうね(笑)

彼女のウワサはあるのでしょうか?

色々と調べてみたのですが今のところ残念ながら(?)浮いた話は無さそうなのが現状です…。でもイケメンなのできっと芸能リポーターやスポーツジャーナリストがチェックしていることは間違いないかと思います。

もしかしたら近いうちに彼女ができたという情報もしくはいきなり結婚の情報が飛び込んできてもおかしくないですよね(笑)

 

2016年の成績

2巡目としてDeNAに入団するも1年目から1軍で颯爽と登板しましたが、残念ながら最初の年は2勝6敗で負け越してしまいました。防御率は2.89でした。

2年目の2016年、DeNAが快進撃を続けた要として十分な仕事をしてくれました。防御率は3.12と前年に比べて少しアップしましたね。

そして5月には先発登板で4勝してセ・リーグで月間MVPに選ばれました。

9勝4敗という成績はかなり良い成績だと思われます。

そして2016年にDeNAの一軍監督になったラミレスから「シーズンを通じてチームで一番安定している投手」という評価を受けるほどになりました。

これからも石田健大投手の活躍に期待ができそうですね。

Sponsored Link