Sponsored Link

人気ハーフモデルの池田エライザさん。

インスタグラムではエライザさんのとる「エライザポーズ」がかわいい!と大流行し、今時女子はみんなエライザポーズで写真をとっていましたね。

そんな池田エライザさんですが、実は中学時代いじめられていたと壮絶な過去を明らかにしました。

今回は、そんな池田エライザさんのかわいい画像や、中学時代のいじめについて取り上げて行こうと思います。

スポンサードリンク

 

池田エライザのプロフィール

%e6%b1%a0%e7%94%b0%e3%82%a8%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b6%e3%81%8b%e3%82%8f%e3%81%84%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f%e3%81%84%e3%81%98%e3%82%81%e4%b8%ad%e5%ad%a6-jpg%ef%bc%92

  • 生年月日 1996年4月16日
  • 出身地 福岡県
  • 血液型 B型
  • 身長 171cm
  • 体重 47kg

 

池田エライザさんはお母さんがフィリピン人、お父さんが日本人のハーフです。

子供のことはハーフらしく目鼻立ちのはっきりとしたお人形のような子供だったそうです。

出身の福岡県で兄と弟といつも一緒に遊んでいて、本人も外で遊ぶ事が大好きな男っぽい性格だっため、山を駆け回ったり、木に登ったりと活発な女の子でした、

お父さんは頑固な九州男児で、しつけには厳しく叱られるときは正座をさせられたそう。

一方お母さんは自由は性格で正反対な両親のもとですくすくと彼女は育ちました。

エライザさんが芸能界に入ったきっかけはファッション雑誌「ニコラ」のモデルオーディションでした。

モデルとしてのデビューが決まり、福岡と東京を往復する日々のなか、高校は私立福岡第一高校に進学しました。

そして高校3年生の4月、モデルの仕事に集中しようと上京を決意。

高校も通信制に転学しました。

その後はニコラを卒業し、CanCamの専属モデルに。映画やテレビドラマにも出演するなど女優としても注目されています。

実はエライザさんは大の本好きという意外な一面が。

エライザさんは自分を変えてくれたモデルという仕事をもっと広めたいということで雑誌の出版もしています。

知名度もまだあまりないとき、出版社に資金を出してもらうのではなく、自らクラウドファンティングで資金を集めることにしました。

エライザさん自身が編集長となり、製作シームと何度も意見を交わして一つのモデルブックを完成されました。

当時、現役高校生だったエライザさんの挑戦に注目が集まり、本の売り上げも好調でした。

このことがエライザさんに大きな自身へとつながり彼女自身の人気をあげる要因の一つとなりました。

 

いじめがきっかけで芸能界入り?

%e6%b1%a0%e7%94%b0%e3%82%a8%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b6%e3%81%8b%e3%82%8f%e3%81%84%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f%e3%81%84%e3%81%98%e3%82%81%e4%b8%ad%e5%ad%a6-jpg%ef%bc%92-jpg%ef%bc%93

美人で楽しく生きてきたかのように見えて実はエライザさん昔は壮絶ないじめを体験しています。

池田エライザさんはもともと男っぽいところもあり、少しだけ変わった性格だったことからいじめの標的とされてしまいました。

いじめが始まったのは小学生のころからでした。

ランドセルの裏の落書きから始まり、雑巾や道路にも悪口をかかれたそうです。

明るく活発だったエライザさんですが、気づけばおとなしく、一人が好きな性格に変わっていきました。

中学に入ってもいじめは続きました。

むしろ小学生時代よりも激しくなり、中学二年のころ、いじめの一環でモデルオーディションを受けることになりました。

しかしそれが見事合格!これが人気モデルへの一歩となりました。

当時のことを振り返りエライザさんはツイッターにて「小学生の時はランドセルの裏に赤ペンでひどいことを書かれた。中学生の時は雑巾や道路にかかれていた。いじめられ自慢なんてたくさんある。何度もめげてしゃがみこんで でもそのたびに救われていた。今だからわかる。大丈夫だよ、人は強くなる」と投稿しました。

この投稿でエライザさんの壮絶な過去が明らかとされました。

「ハーフだからいじめられたのでは?」という問いにエライザさんは「ハーフだからいじめられたとかじゃなくてただただ私が変な子だった笑」と投稿もしています。

幼少期のこういう経験はどんな些細なことでも一生のトラウマになったりするものなのに、それを感じさせないような立派な活躍をされているエライザさん。彼女の今後の活躍が楽しみです。

Sponsored Link