Sponsored Link

2016年10月30日までのHSBCチャンピオンズで優勝し、米ツアー3勝目を挙げた松山英樹

この結果により世界ランクは6位に上がり、日本人では中嶋常幸(4位)、尾崎将司(5位)、青木功(8位)に続くトップ10入り。

あのAONの仲間入りをしました。

日本での実績は申し分なかったですが、この優勝により海外の評価も上がっています。

そうなると有名スポンサーが名乗りをあげるのは間違いないでしょう。

そこで気になるのが松山英樹年収

あの高級時計メーカー「ロレックス」とスポンサー契約を結ぶことになり、一体契約金はいくらなのか。

そして最終的に2016年シーズンの年収はいくらになるのか。

下世話ですが予想してみました。

スポンサードリンク

松山英樹のスポンサー

松山英樹は、現在国内の7社とスポンサー契約をしています。

  • レクサス
  • ダンロップ
  • オークリー
  • 全日空
  • ファイテン
  • 興和
  • 西川産業

契約内容を非公開にしているところもありますので定かではありませんが、レクサスが3年6億、ダンロップが3年9億とも言われていますので、1年間で括ると契約金は10億くらいになります。

ツアー賞金獲得額

2015年シーズン、優勝はありませんでしたが、マスターズ・トーナメントでは単独5位に入るなどの活躍で約4億3000万円ほどです。

2016シーズンはまだ始まったばかりですが、米ツアーの2試合で約2億4000万円プラス日本の国内メジャー「日本オープン」の優勝賞金4000万円ですでに約2億8000万円を手にしています。

ゴルフってこのレベルになると相当儲かるんですね・・・。

ロレックスの契約金は高額!?

HSBCチャンピオンズ優勝後にロレックスとスポンサー契約を結ぶことが発表されましたが、気になるのはその金額。

ゴルフ界でロレックスとスポンサー契約しているのは名プレーヤー ジャック・ニクラウスやトム・ワトソン、タイガー・ウッズ、アダム・スコット、若手ではジョーダン・スピースやプーマのキャップが似合うリッキー・ファウラーなど。しかし、彼らがロレックスから高額の契約金をもらっているかというと疑問が残ります。

スポーツ選手のブランド価値ランキングというものがあります。

これは商業価値のあるスポーツ選手をランキングしたものですが、1位はテニスプレーヤーのロジャー・フェデラーです。

ロジャー・フェデラーもロレックスと契約していますがその契約金は10年15億円です。

15億は凄い!!と思うかもしれませんが1年あたり1.5億円です。

レクサスやダンロップが1年あたりで2億円ですからそれより低いという事になります。

商業価値1位の選手で1年あたり1.5億円ですから、松山英樹がそれ以上の待遇で契約する事はまずないと思われます。

ロレックスがスポンサーになると?

%e6%9d%be%e5%b1%b1%e8%8b%b1%e6%a8%b92016%e5%b9%b4%e5%8f%8e%e3%83%ad%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e5%a5%91%e7%b4%84%e9%87%91-jpg%ef%bc%92スポーツ選手として一番大切な事は長く競技生活を送ることです。

野球選手、サッカー選手問わず全てのベストアスリートには複数年契約が提示されます。

これは勝負の世界で身を粉にして闘っている選手にとってありがたい事です。

違反行為がない限りその契約期間は保証されているわけですから。

先ほどの話に戻りますが商業価値1位のロジャー・フェデラーが10年契約していますから、ロレックス側は「フェデラーは10年間、期待に応えて活躍してくれる」という思いを契約として残したのです。

つまり松山英樹にも同等の価値があると考え、今回の契約に至ったのだと思います。

しかし、いくらロレックスとスポンサー契約を結んだからといっても、1年間で多くても1億円くらい。

これはこれで凄いのです!

だけどそれなら今サポートしてくれている、レクサスやダンロップと同じ付き合いをしていく方が…と思うかもしれませんが、世界的にも有名で優良な企業がスポンサーをした選手ですから他の企業もオファーしてくる訳です。

つまり世界の名だたる企業がスポンサーに名乗りを上げる可能性があります。

ロジャー・フェデラーの2015年のスポンサー収入は69億円ですから、松山英樹がフェデラーと同じ様に商業価値のあるスポーツ選手として認識されれば、この夢の様な金額も夢ではなくなるのです。

最後に気になる2016年シーズンの年収は?

近いうちに契約が切れるスポンサーもある様ですから、継続なのかロレックスの様に新しいスポンサーと契約するのかは現段階ではわかりませんが、スポンサー収入は確実に上がると思います。

1社の契約金がたとえ少なくても、何社もスポンサーになってくれたら当然上がりますからね。
それに加えてツアーでの活躍も期待できます。

日本人初の海外メジャータイトルを獲る可能性もあります。

まとめると、賞金で8億円プラス、スポンサー契約金で15億〜20億、これに色んな広告料なども入ってくるでしょうから、合計すると30億円超えですかね。

今年は成績でもそしてお金の方でも大注目の松山英樹。日本全国が喜ぶニュースを海外から届けてほしいものです。

Sponsored Link