Sponsored Link

四大陸フィギュアスケート選手権がまもなく始まります!!

2015年2月13日~2月15日の3夜連続で、フジテレビにて放送されます。

その中でも注目なのが、男子代表の宇野昌磨選手です!

宇野選手は身長が158cmと小柄なのですが、2014年ジュニアグランプリファイナル優勝2014年全日本選手権2位と、今最も成長中の17歳なんです!

1月のインターハイでもその強さを発揮しました。

スポンサードリンク

宇野選手のインターハイでの結果は?

宇野昌磨 インターハイ 結果1/21~1/25に全国高等学校体育大会(=インターハイ)が開催されました。

かつての浅田真央選手と同じ、中京大中京高校に通っている宇野昌磨選手は、

2連覇

を達成しました!!!

なんと、2位との点差は60点以上です。同じ世代には敵がいません。さすがジュニアチャンピオンです・・・!!

昨年度まで飛べなかった4回転ジャンプを成功させ、イーグルからの3回転コンビネーションジャンプも余裕の成功。
4回転ジャンプを成功させたのはこの大会では宇野選手ただ1人なんです!

王者の貫録を完全に見せつけてくれましたね。

1.宇野昌磨
中京大中京
1位-1位 239.07

2.鎌田英嗣
獨協
2位-2位 180.05

3.宮田大地
東福岡
3位-5位 171.46

羽生結弦も若いですが、さらに若い宇野選手まで台頭してきた男子フィギュア界。
今後も目が離せないですよね!

ちなみに、過去の【全中制覇者】なんですが
2008 羽生結弦
2009 羽生結弦
2010 羽生結弦
2011 宇野昌磨
2012 宇野昌磨
2013 宇野昌磨

2014 山本草太
2015 山本草太

ということで、羽生選手の次に世界を制すのは、この宇野昌磨選手なのかもしれません。

(ただ、この山本草太くんも化け物クラスなんですよね・・・。)

次世代の高橋大輔?

宇野選手は身長こそ低いものの、なかなか男らしい滑りをします。

羽生選手というよりは、高橋大輔選手に近いタイプの選手ですね。

宇野昌磨 高橋大輔 インターハイ(出典:http://blog.machikurublog.jp/)

宇野選手本人も、憧れの選手は高橋大輔選手なんだそうです。

高校二年生・17歳ながらもどこか色気のある滑りをするのは、高橋選手に憧れているからなんですね!!

本人も、「ジャンプだけの選手にはなりたくない。4回転ジャンプよりも、表現力豊かな選手になりたい」とインタビューで言っていましたので、そういうところからも高橋大輔選手をリスペクトしているのがわかりますね。

高橋大輔選手は身長が165cmと、そこまで大きい方ではなかったので、宇野選手にとっては非常に参考にしやすいスケーターです。

高橋選手の、「世界一のステップ」を受け継いでもらえればなと思います。

甘いマスクの羽生選手と対照的に、かわいいながらもワイルドな色気を持つ宇野選手。この2人がいる以上、日本のフィギュアスケート界の人気は留まる事を知りません。

今後年齢が上がるにつれて、さらに女性ファンを虜にしていくことでしょう。

まずは2月の四大陸選手権、非常に楽しみです!!

Sponsored Link