Sponsored Link

秋のグルメと言えば松茸!今年は国産松茸豊作なんだそうです。

国産松茸価格相場の3割安くらいになるそうで、買うなら今年がチャンスかもしれません!

そもそも、松茸の時期はいつなのか知っていますか?

実はものすごく旬が短い松茸

そんな松茸の情報について書いていきます。

スポンサードリンク

国産松茸の時期

国産松茸時期価格豊作安い松茸の旬の時期は北からどんどん南下していきます。

  • 東北:9月中旬~10月上旬
  • 中部:9月下旬~10月上旬
  • 近畿、中国、四国:10月上旬~10月中旬

こんな感じです。しかし、収穫から出来るだけ早く食べた方が香りが残っていて美味しいと言われています。

ですから実際は、市場に出回ってから2週間ほどが松茸の旬な時期といえるでしょう。

ちなみに、傘が開きすぎているものは香りが飛んでしまっているらしいです。買い物の際は要チェックですよ!

国産松茸が豊作?

国産松茸時期価格豊作安い3松茸は、山の地面の温度が19℃以下になると生え始めると言われています。

また、夏の間に雨が多く、暑い日が少ないほど、その年の松茸は豊作になりやすいんだとか。

2015年を振り返ってみると、見事にそれが当てはまりますよね!

今年暑かったのって8月中旬くらいまでだったじゃないですか。しかも9月は雨がやたら多かった!

そんなわけで、今年は国産松茸豊作のようで、この時期、価格が相場の3割安くらいで出回っているみたいです。

東京の日本橋高島屋にある青果店「京都八百一」では、岩手県産のマツタケが1箱(4、5本入り、約300グラム)3万5000円(税込み)で、例年より3 割程度安い。山田真伍副店長は「進物用に買う客が多い。今年のマツタケは香りが良く品質がいい」と話す。西武池袋本店でも、国産マツタケが昨年より2~3 割安く、売り上げが2割増えたという。

青果卸大手の東京青果によると、9月の国産マツタケの取扱量は昨年同月比13%増。岩手産は1キロ・グラム2万4000円程度で約1割安かった。林野庁の統計では、国産マツタケの生産量はここ数年、10~40トンで推移しており、今年は昨年の42トンを上回りそうだ。

こんなニュースも出回っていますし、どうやら国産松茸の豊作は本当のようです。

近年、8月9月は猛暑日が続きがちですし、国産松茸を買うなら今年がチャンスかもしれませんよ?

おわりに

いかがでしたか?

今年は国産松茸が豊作ってことをご存知でしたでしょうか?

秋の味覚の王様のマツタケなだけに、豊作で価格が安くなっている今年は近年まれに見るチャンスだと思います。

是非国産松茸の味と香りを楽しんでください。

ちなみに、松茸食べ放題のお店もあるらしく、六本木のグランドハイアットホテル内にあるレストラン「旬房」や、赤坂見附にある「赤坂松葉屋」などで食べ放題を楽しめちゃうらしいですよ!

もちろんお値段は結構しますけどね(笑)

いずれにせよ、秋の高級珍味のマツタケですから、食べたいときは思い切って奮発しちゃいましょう!後悔するようなことはまず有り得ないと思います!

 

Sponsored Link