Sponsored Link

9月15日の午後4時頃、三鷹市で10歳の女児が通り魔に切りつけられるという恐ろしい事件が起きました。

犯人は近くに住む10代の少女だそうで、銃刀法違反で現行犯逮捕されたとのことです。

10代ってことは、高校生くらいでしょうか。通り魔的犯行ですので、刑事責任能力があるかどうか慎重に調べています。

うーん、最近の女子は恐ろしいですよね。バラバラ殺人を起こした姉も最近では話題ですし、一体何が起きてこのような犯行に及んだのでしょうか。

スポンサードリンク

事件の詳細

東京都三鷹市北野のとある路上で、午後4時頃に10歳の女児が左腕や右手の指を切りつけられるという事件が発生しました。

10歳の少女は犯人に見覚えがなく、60歳くらいの老婆だったと証言していました。

しかし、捕まったのは近くに住む10代の少女。

現時点では犯行に至った経緯や動機、顔写真や高校名などは公表されておりません。

未成年を保護するのも大事なことですが、最近になって未成年の物騒な事件が以前に比べて増えてきている気がします。10代少女といっても10歳と19歳では全くもって異なりますから、年齢くらいは公表しても良いと思いますね。

また、子供のいたずらというには苦しい内容で、一歩間違えば女児の命を奪いかねない事件であったように思えます。

ともかく、命に別条が無くて良かったですね。

ちなみに・・・。
『関連する犯罪の法定刑』

傷害罪…15年以下の懲役または50万円以下の罰金
殺人未遂罪…死刑または無期もしくは5年以上の懲役
銃刀法違反…2年以下の懲役または30万円以下の罰金

幸福さの喪失

最近、明らかに異常な事件が増えてきているように思えます。

いわゆる、「サイコパス」ですね。

今までの私たちの感覚ではちょっと理解出来ないレベルの異常な事件が多発しています。

この原因の1つに、現代の日本人の幸福度が損なわれてきたことが挙げられると思います。

楽しいことがあれば、それに夢中になりますからね。誰かを刃物で傷つけようなんて明らかに異常なことを考える暇なんてありません。また、何かに暴力を振るう時、ヒトは十中八九イライラしています。これも、幸福度が高ければ起こりにくい事象だと言えます。

つまり、今の日本人は大人から子供まで幸せじゃないんですね。

この事件の本質の1つとして、上記の問題が挙げられるんじゃないかな~って思います。

被疑者少女について

最初は60代の老女に見られていましたから、おそらくは髪の毛がぼさぼさで、今時では冴えない服装をしていたんだと思います。制服を着ていたらすぐに年齢が分かりますからね。

平日の午後4時に、女児を切りつけられる可能性があるのは、

  1. 引きこもりの女の子
  2. 学校から帰って着替えて外に出た子
  3. 夏季休暇中の大学生

これしかないです。

今回、近くには三鷹市立北野小学校や日本女子体育大学がありました。学生だとしたら日本女子体育大学は可能性としては高いでしょう。

しかし、引きこもりの女の子という可能性も大いにあり得ます。

60代と見間違えるということは、地味で髪の毛が長くてボサボサだった可能性がありますからね。

ただ、事実は不明で、もしかしたらもっと別の犯人像が可能性としてあるかもしれません。

その際は、この記事に追記していこうと思います。

Sponsored Link