Sponsored Link

今回は、メニコンの「マジック(Magic)」というコンタクトの評判口コミを書いていきたいと思います。

私自身、メニコンのマジックを使用しているので、使用感や良い点・悪い点など、ネット上の評判や口コミよりも詳しい部分までお伝えできるかと思います。

コンタクトは人によって合う合わないがあるようですから、きちんと吟味して選ぶことをオススメします。

スポンサードリンク

メニコン「マジック」の特徴

メニコンマジック評判メニコン独自製品として、「Magic」を全面的に推していますね。
「Magic」は、1DAYのソフトコンタクトレンズです。

特徴としては、ケースの持ち運びが容易!

メニコンマジック評判2こんな感じのケースに、30枚のコンタクトが入るんです。

ケースのサイズは、5㎝×10㎝×2㎝(厚み)となっています。
本当にコンパクトで、外出時の携帯が非常にラクなんですね。

今までは、液体に使ったちょっとかさばるコンタクトケースが主流で、持ち運びに適していませんでしたが、マジックは携帯性という点で、他社製品と差別化が出来ています。

レンズが入っているシート自体も薄く、①ペリッとめくる②レンズをつまむ➂装着というシンプルに使えるデザインとなっています。

液体に浸っているものとは違い、毎回表裏が決まっているので間違うこともありません。

メニコンマジック評判3また、うるおいが長続きする素材を使用、端はエッジデザインとなっており、まぶたとの接触での違和感を軽減するフォルムとなっています。

以上のような特徴があるコンタクトレンズです。

評判や感想、口コミ

評判としては、「ボチボチ」というのが大半です。笑

まず、液体に浸っていないシートの時点で毛嫌いする人がいます。

私のように、最初からマジックだった人はそんなに抵抗がないようです。

そして、エッジデザインの恩恵を受けていると感じる人はあまりいないようです。

むしろ、厚みが薄い他社製品の方がいいという人もいます。

マジックの厚みは約0.1mm。確かにパックは薄いですが、レンズ自体はさほど薄くはありません。コンタクトの違和感にやたら敏感な方は注意が必要です。

私自身も結構違和感に敏感なタイプで、最初はかなり違和感を感じていたのですが、しばらく使って、流石に慣れました。

私自身の使用感としては、

  • 長所:持ち運びに便利
  • 長所:表裏の確認が不要で楽
  • 長所:ワンデイで使い捨てなので、乾燥してきたと思ったら新しいものに付け替えることが出来て便利
  • 長所:最近乱視用のマジックも出来た
  • 短所:乱視用マジックはフラットパックではない
  • 短所:他社品よりも厚みがある
  • 短所:乾燥するときは普通に乾燥する
  • 短所:自社製品だからって、店側がマジックをゴリ押ししているように感じる
  • 短所:パックとケースばかり推していて、レンズ自体の宣伝が弱い(レンズそのものの機能には自信がない!?)
  • 短所:高い

こんな感じですかね。

私はメニコン以外のコンタクトを使用したことがないのでなんとも言えないですが、恐らく「平均的に点数の高い優等生だが、トップには君臨できない」コンタクトなのかなって思っています。笑

機能から利便性まで、広くバランスの良いものを使いたい方には非常にオススメです。

逆に、コンタクトの機能が全てという方は、他の製品も選択肢に入れることをオススメします。

 

Sponsored Link