Sponsored Link

2016年11月14日スーパームーンが現れます。

スーパームーンの前後1週間くらいは地震が起きる可能性があるという噂があるのですが、果たしてそれはオカルト?それとも科学的?一体どちらなのでしょうか。

今回は、スーパームーン地震の関係性について、情報をまとめて真面目に考察していこうと思います。

スポンサードリンク

過去のスーパームーンと地震

どうせ適当なオカルトだろうと思って調べてみたのですが、実はスーパームーンの前後に、巨大な地震が起きていることが判明しました。

これは真面目に関係性を考えてみた方が良いかもしれません。

偶然であれば別に構わないのですが、もしも引力など、物理学的に関係があると判明すれば、地震予知の大きな研究材料になりますからね。

まず、以下に新月と地震のデータを引用します。

「エ」はエクストリームムーンといって、その年で1番大きい満月のことを指します

・ 【新】1854/12/23 → (翌日)12/24 安政南海地震(M8.4)
・ 【新】1946/12/19 → (2日後)12/21 昭和南海地震(M8.0)
・ 【エ】1948/01/26 → (前日)1/25 フィリピン、パナイ島(M8.2)
・ 【新】1960/05/23 → (前日)5/22 チリ地震(M9.5)
・ 【新】1994/10/05 → (翌日)10/5 北海道東方沖地震(M8.2)
・ 【満】1995/01/17 → (当日)1/17 阪神・淡路大震災(M7.3)
・ 【新】2003/09/26 → (当日)9/26 十勝沖地震(M8.0)
・ 【ス】2005/01/10 → (2週間前)2004/12/26 スマトラ島沖地震(M9.3)
・ 【ス】2010/02/28 → (1日前)2/27 チリ・マウレ地震(M8.8)
・ 【ス】2011/02/18 → (4日後)2/22 ニュージーランド、カンタベリー地震(M6.1)
・ 【エ】2011/03/19 → (8日前)3/11 東日本大震災(M9.0)、(7日前)3/12 長野県北部(M6.7)、(同)3/15 静岡県東部M6.4、(5日後)3/24 ミャンマー(M6.8)
・ 【エ】2014/08/11 → (8日前)8/3 中国雲南省(M6.5)、(前日)8/10 青森県東方沖(M6.1)
・ 【ス】2015/07/31 → (3日前)7/28 ニューギニア(M7.0)

2011年3月11日の東日本大震災の時、3月19日にスーパームーンを迎えていたらしいですし、その他の大きな地震も月の満ち欠けに影響していたように見えます。

地球と月の引力が影響?

「実は陸上でも潮汐は起きている。私たちが体に感じないだけで、月と太陽の引力によって、地下の固い岩盤は30センチ程度浮き上げられているわけだ。月と太陽による引力そのものは、地震を引き起こすほど強いものではない。しかし、地下でひずみが発生し、地震が起こりそうになっている場所では、この引力が最後のひと押しになることは十分に考えられる」

こういった意見もあります。

確かに、地球と月の巨大な引力は不変の原理です。

月と地球が近付くとき、確実に引力は通常よりも強くなっていますから、上記のような事象が起きてもおかしくはありません。

スーパームーンの度に毎回地震が起きるわけではないでしょうが、月の引力が、地震が起こりそうな地盤の最後のひと押しくらいにはなり得るのかもしれません。

しかし、現状はそれを証明出来る人がいないため、今のところはどちらかと言うと「オカルト」に近いのかなあって思います。

過去の地震から考えると、一概に「オカルト」と言って無視できるモノではありませんので、どなたか真剣に、物理学を利用して証明して欲しいです。

2016年11月14日のスーパームーン

%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%83%b32016%e5%b9%b411%e6%9c%8814%e6%97%a5%e5%9c%b0%e9%9c%87%e9%96%a2%e4%bf%82%e3%82%aa%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88-jpg%ef%bc%922016年11月14日のスーパームーンは20時21分頃が最大となるようです。

68年前に次ぐ巨大な満月となり、話題を集めています。

しかし、通常との差は約30km。

地球と月の距離は38.5万kmくらいですから、大きいと言ってもわずかな差でしかありません。

それでも、68年ぶりのモノですから、一目見てみると良いと思います。

Sponsored Link