Sponsored Link

スペイン語単語帳のおすすめを紹介していきます。

スペイン語は、大学生が第二外国語として勉強していたり、英語をマスターした人が次の言語として勉強していたりと、様々な人が勉強しています。

ただし、英語と違って良い単語帳や参考書がなかなか世間に知れ渡ってないのも事実。

また、勉強法も大した方法が確立されていない中、いかに効果的に勉強するかは非常に大事なことです。

是非この記事を参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク

おすすめの単語帳

スペイン語単語帳オススメ勉強法色々使った私ですが、今出ている単語帳の中でのおすすめは確実に「キクタン」です。

「入門編」と「初級編」が出版されていますが、これはやはり「入門編」からやりましょう。
「入門編」は赤い表紙でお手軽な500語です。

英語やその他の言語でもお馴染みの「キクタン」ですが、

  • スペイン語⇒日本語⇒スペイン語の順番でリスニングが出来る
  • 例文が付いている
  • 赤字&赤字シート付き
  • リズム良く聞けるから耳に残りやすい

という単語帳としてなかなか素晴らしい構成になっています。

これだけの内容で覚えられないのであれば、どんな単語帳でも覚えられないと思います。

欠点と言えば、

  • レベル分けの基準が曖昧
  • 入門編までやっても語彙数としては物足りない

という点でしょうか。

ただ、ゼロから始めるならレベルなんて関係ないですし、分厚い単語帳でしたら挫折してしまうので、これくらいで丁度良いと思います。おすすめです。

そもそも、何をやるにしても小さい一歩の積み重ねが大きな結果を生むということもありますので、とりあえず入門編までの1500語を覚えてしまいましょう。
ここまで覚えられたら、文法の参考書で躓くことも少なくなるでしょう。

スペイン語単語帳オススメ勉強法2ちなみに、この単語帳も私はやりましたが、こちらは日常生活で目にする単語が多く収録されていますので、キクタンが終わった後にやってもいいと思います。

おすすめの勉強法

「スペイン語の映画を観たり、音楽を聴くのがいいよ!」

という人がいますが、初心者にはまだ早いです。鵜呑みにしてはいけません。

まずは単語。CDが付いているもので発音を覚えておくのも同時にやっておきましょう。

赤字を隠して見て覚える人がいるのですが、有り得ません!

スペイン語を勉強している方のゴールは入試ではなく、会話できるようになることです。

見て覚えるとか愚の骨頂です。きちんと聞いて、音読しましょう。

キクタンが終わったら他の単語帳ももう1冊覚えた後は、文法です。

文法の参考書は何でもいいです。1冊やりましょう。

文法がわかった後に多読&多聴に移った方が効果的です。

その後はCD付きのシャドーイングの参考書であったり、Skypeなどでいいのでスペイン語会話教室に通いましょう。

プロに習う方が合理的ですからね。おすすめはSkypeなどのウェブの活用。

単語と文法が出来ればあとは会話の練習をするだけです。ここから先は毎日大量にシャワーのごとくスペイン語を浴びること。別に留学しなくても喋れるようになりますが、毎日継続できるかが勝負です。これが難しいのですが・・・。

【まとめ】
キクタン⇒もう1冊単語帳⇒文法1冊⇒Skypeやスクール(毎日継続)

おわりに

いかがでしたでしょうか。

私のおすすめのスペイン語単語帳は「キクタン」です。

きちんと声に出しながら、CDを活用しながら覚えればすぐに覚えられますよ!

英語が出来る人は日本人でも沢山いますが、スペイン語が出来る人は殆どいません。

しかし、スペイン語を話す人は世界中で沢山います。アメリカですら、ロサンゼルスとかでスペイン語を話す人沢山いますからね。思ったよりも汎用性高いです。おすすめです。

是非キクタンを使い古し、スペイン語マスターに一歩近づいて下さい!

Sponsored Link