Sponsored Link

ジャンプ漫画『ブラッククローバー』第6話ネタバレ感想です。

今回の6話では、アスタの魔法騎士団での初任務回となります。

簡単な任務かと思いきや、思わぬ敵と遭遇することに。

それでは、今回の6話を振り返ってみましょう。(ネタバレNGな方はブラウザバック!)

スポンサードリンク

「黒の暴牛」のメンバー

前回の5話で、ヒロインのノエルが登場しました。

そして今回は残りの「黒の暴牛」のメンバーの名前が明らかになりました。

◆バネッサ・エノーテカ
名家を追放された酒好き魔女
ブラッククローバー 漫画 6話 ネタバレ4

アスタのローブに「黒の暴牛」のシルエットを入れてくれたお姉さんです。

初登場時から酔っぱらっているところしか描かれていません(笑)

◆ラック・ボルディア
笑顔の戦闘狂
ブラッククローバー 漫画 6話 ネタバレ3

初登場時、マグナを怒らせて逃げ回っていた少年です。

「犯罪者だったらどれだけボコボコにしても怒られないし♪」という恐ろしいことを笑顔で言っています。戦ったらかなり強そうです。少なくともマグナよりは(笑)

◆ゴーシュ・アドレイ
元囚人のどシスコン
ブラッククローバー 漫画 6話 ネタバレ5

元囚人らしいですが、どんな罪を犯したのでしょうか。

どシスコンということなので、セクハラ系の罪な気がします(笑)

◆チャーミー・パピットソン
止まらない食いしん坊
ブラッククローバー 漫画 6話 ネタバレ2

お腹が減ったので、魔法でヒツジのコックさんを召喚しています。

強そうには見えないのですが、食べ物の為ならいくらでもパワーを発揮するギャグ寄りのキャラ?

◆グレイ(本名不詳)
変身魔法の達人

ブラッククローバー 漫画 6話 ネタバレ完全に「でんじゃらすじ~さん」の最強さんです(笑)

ブラッククローバー 漫画 3話3

その能力は変身。普段はフシューとしか言ってないですが、変身すると気さくに喋ってくれるんですね。

団長のヤミ、移動魔法係のフィンラル、アスタの師匠(自称)のマグナ、そしてヒロインで同期のノエルと、これで本当に「黒の暴牛」の紹介が終わりました。

変人しかいませんが、それでこそ「黒の暴牛」なんだそうです。

アスタの初任務

ソッシ村でイノシシ狩りの命令を受けるアスタとノエル。

ダサい任務と駄々をこねますが、ヤミの命令には逆らえません。

また、ノエル「魔力もコントロール出来ない私が・・・行ってもいいのかなって・・・」と、ツンデレキャラは健在のようで安心しました。

アスタもノエルも箒で飛べないというなんとも恥ずかしい事態が発生したため、マグナが二人をソッシ村まで連れて行きます。


さて、アスタ達が村に着くと、村にはものすごい霧が。村を包み込む魔法です。
何か嫌な予感がします。

魔法無効化の剣でこの霧を切り裂けと命じられるアスタ。

霧を晴らすと、そこには村人が一か所に集まり、殺されそうになっています。

なんとかマグナがそれを阻止しますが、
イノシシ狩りを頼んできたおじさんはすでに手遅れだった模様・・・。

一体誰がこんなことを・・・と思っていると、近くに魔道書を持っている怖そうな連中が3人いるのを発見します。ブラッククローバー 漫画 6話 ネタバレ6

「よくも時間を狂わせてくれたな
3秒後に
全員処刑」

と言ってその中のリーダーらしき人物がいきなり攻撃を仕掛けてきます。

しかも強大な魔力です。

マグナでさえ、「魔やべえ・・・魔力が足りねえー」と悟り、一同万事休す・・・!!!!

ただ、やはりそこは主人公の力の見せどころ。

どんなに強大な魔法であっても、全てを無力化出来てしまうのが「五つ葉のクローバー」の魔道書を持つアスタの力。

やっぱり何回見てもチートなんですよね・・・。最初からこんなにチートで良いんでしょうか。そのくらい万能で無敵の能力です。

おわりに

というワケで、アスタの力のおかげで全滅は避けられました。

マグナでさえやられてしまいそうな強い敵ですが、アスタの能力がチートすぎてイマイチ緊張感がないのが若干気になるところです。

ただ、相手の敵が一体誰でどんな能力を持っているかはまだはっきりしていません。
そもそもなぜ、貧乏な村の村人たちを皆殺しにしようとしていたのでしょうか。

今回の6話だけではわからないことが沢山あり、そこの広げ方次第ではまだまだ面白くなりそうです。

あと一つ気付いたのですが、コマ割りが全部長方形なんですね。週刊連載に慣れてきたら、斜めのカットなどもどんどん入れてみると良いのかもしれません。

いずれにせよ、まだまだ長い目で追っていきたい作品です。

Sponsored Link