Sponsored Link

週刊少年ジャンプで連載中の漫画『ブラッククローバー』第5話のネタバレ・感想です。

今回の第5話では、アスタと同期入団の少女ノエル・シルヴァが登場します。

前回のラストの登場では、「小虫ね」とつぶやくような冷酷な感じの少女だったのですが、果たしてどんなキャラなのでしょうか。

かなりの美形キャラですので恐らくはヒロインとして扱われていくのでしょうが、アスタと仲良くやっていけるのでしょうか。

今回は、『ブラッククローバー』第5話のネタバレや感想を書いていきます。

スポンサードリンク

ノエル・シルヴァとは?

ブラッククローバー 漫画 5話 ネタバレ3「魔力の乏しい下民の小虫が
私はノエル・シルヴァ
この国の王族よ」

いきなりの罵倒(笑)
そしていきなりの王族キャラ!

銀髪の美少女、ノエル・シルヴァの登場です。

アスタのことを下民として見下し、魔法で攻撃してきます。

しかし、その魔法が逸れて隣にいたマグナにヒット!!

「アナタの立ち位置が悪いのよ
誰の許可を得てそこに立っているの」

なんなんですか、この破天荒女王様は(笑)

実はこのノエル、「銀翼の大鷲」団長の妹なんだそうです。

ヤミさんが引き受けてくれた、というマグナのセリフがありますが、「銀翼の大鷲」には入らなかったのでしょうか。

ノエルの秘密とは?

汚くて狭い自分の部屋で寝ていたアスタですが、夜中にトイレの場所に迷って外に出てきてしまいます。

すると、夜な夜な魔法の練習をしているノエルの姿が。

「何で思った通りに当たらないの」

あー、そういうことでしたか!先ほどのマグナにヒットした魔法は、本当はアスタに向けた魔法だったのですがコントロールできなくて逸れてしまったワケですね。

王族なのに「出来損ない」と言われ続けたノエル。ブラッククローバー 漫画 5話 ネタバレ

「銀翼の大鷲」も、兄が出来損ないはいらないと言ったから入れなかったみたいです。

そんなノエルを拾ったヤミさんはノエルにとって神様じゃないですか!!感謝しないと駄目ですよ!!

魔法の練習に熱くなっていたノエルですが、魔力が暴走して巨大な水の塊の中に閉じ込められてしまいます。

これにすぐ気付いた「黒の暴牛」のメンバーたち。さすがです。
ただ、魔法で攻撃すると中のノエルにもダメージが行ってしまうとのこと。

ここで魔法無効化の魔道書を持つアスタの出番ですね!!
ヤミさんに「なんとかしてこい」と放り投げられ、ノエルの魔法を切り裂きます!!

魔法無効化って便利ですね!
そんなわけでアスタがノエルを助けることに成功しました。

また「出来損ないめ」と言われることにおびえていたノエルですが、

「特訓して自在に扱えるよーになればオマエ無敵だな」

と手を差し伸べるアスタに言ってもらえます。これにはノエルも頬を赤らめます。
恋・・・ですかね?笑

「黒の暴牛」団員にも励まされ、デレるノエル(笑)
やっぱりツンデレキャラですよね。知ってました(笑)

「よろしく・・・お願いします」と、これでやっと新入団員の入団完了です!!ブラッククローバー 漫画 5話 ネタバレ2

おわりに

ヒロインのノエル・シルヴァとも仲良くやっていけそうで、「黒の暴牛」はアスタにとって大事な居場所になりました。

主人公アスタの能力、所属騎士団、そしてヒロインの存在と、王道漫画にとって必要な材料をたった5話で披露した『ブラッククローバー』。

展開だけ見ると駆け足に見えますが、言うほど早い展開には感じません。また、絵がうまいから読んでいて安心感があります。

やっぱり絵のうまさって大事ですよね。近年のジャンプは、設定に懲りすぎていて絵がいまいちな作品が多いと思います。

その点、田畠先生の絵は綺麗で読みやすいと思います。それだけでも差別化になっているかと。ブラッククローバー ジャンプ ネタバレ

さて、話が一段落しましたので、そろそろ圧倒的なが登場しても良い頃だと思います。

九つの騎士団のうちいくつかが壊滅するくらい過激でもいいんじゃないですかね(笑)

また、アスタのライバルであるユノがどうなっているのかも気になります。

なんといっても伝説の「四つ葉のクローバー」の魔道書の持ち主ですし、現最強騎士団の「金色の夜明け」に入団したユノですからね!入団してどうなっているかは少しくらい描いてもよいと思います。

というワケで、次回の6話はどんな話になるのでしょうか。今から楽しみです!

PS: ⇒第6話のネタバレ・感想記事はこちらからどうぞ

 

 

Sponsored Link