Sponsored Link

週刊少年ジャンプで田畠裕基さん連載の『ブラッククローバー』という漫画に注目です!

主人公アスタとライバルのユノが魔法帝を目指すという王道ファンタジー漫画です。

イメージでいうと最初から仲の良いNARUTOですね。

今回は『ブラッククローバー』第一話の感想・ネタバレを書いていこうと思います。

スポンサードリンク

ブラッククローバーの設定

ブラッククローバー 感想魔法帝という魔道士のトップが代々君臨する世界がこの物語の舞台です。

昔、魔神に滅ぼされそうになっていた世界を1人の魔道士が救ったのが魔法帝の始まりらしいです。

王都や魔法騎士団という言葉が出てきますので、文明はさほど発達していないように見えます。

進撃の巨人を参考にしている感じがするので、あの漫画くらいの文明をイメージすると良いのかもしれません。
最初のコマに編集が入れた煽りの「英雄・・・凱旋!!」というのは明らかに進撃の巨人を狙ってやっていますよね(笑)

この漫画の人々はみんな魔法を使えます。主人公のアスタ以外は・・・。

そして15歳になると、持ち主の魔力を高める魔道書グリモワール)を貰えます。その貰える魔道書の中には「四つ葉のクローバー」が刻印されたものがあります。初代魔法帝も「四つ葉のクローバー」の魔道書の所持者だったようですね。

普通の魔道書は三つ葉であり、そこには「誠実」「希望」「」が宿っているようですが、「四つ葉のクローバー」には「幸運」が、「五つ葉」には「悪魔」が宿っているらしいです。これらの言葉には何か意味があるのでしょうか。

魔道書を貰い魔力が高まった後は、魔法騎士団に入団する人が多いみたいです。

アスタとユノ

この漫画には二人の主人公が登場します。

アスタ(熱血落ちこぼれ)とユノ(冷静エリート)です。ブラッククローバー 感想 ネタバレブラッククローバー 感想 ネタバレ2

2人は同じ日に最果ての町に捨てられた子供です。同じ環境で育ちましたが、アスタは魔法が使えない落ちこぼれ、ユノは何でも完璧にこなせる天才でした。

ただ、それでもアスタは魔法帝になるべく、身体能力をひたすら鍛えて魔法の才能が開花するのを待っていました。

しかし、魔道書授与の日に、ユノは伝説の「四つ葉のクローバー」を貰える一方、アスタは普通の魔道書すらもらえませんでした。

その後、ユノは”鎖魔法のレブチ”という盗賊に襲われてしまいます。このレブチという盗賊ですが、昔は魔法騎士団に入っていたようですが、なぜ盗賊になってしまったのでしょうか。何か重大な失敗をしたことで騎士団をクビになり、そのせいでおかしくなってしまったのでしょうか。

ユノが鎖で捕まっているところに、アスタが助けに来ますが、魔法が使えないアスタは見事に返り討ち(笑)

相手に「お前は魔力が一切ない」と告げられてしまいます。

それでも諦めないアスタのもとに、ボロボロの魔道書が降ってきました。

実はそれは「五つ葉の魔道書」であり、反魔法、すなわち魔力無効化の魔道書でした。その力を借りて、レブチを倒すことが出来ました。

「諦めないのが俺の魔法だ!!」と言いながら相手を倒すシーンは迫力があって良かったです。やはり絵って大事ですよね。絵が上手いと漫画のクオリティが数倍良く見えます。

ユノは捕まっていただけですが、昔幼い頃にアスタに助けてもらったことを思い出し、「アスタは俺のライバルだ」と力強く言っています。最初から認め合っているナルトとサスケじゃないですか!熱いです!

魔法の使えないアスタと「四つ葉のクローバー」所持者で天才のユノという正反対の2人ですが、互いに認めあっているのはなんか良いですよね!

おわりに

『ブラッククローバー』は、キャラはNARUTO、細かいアイデアは進撃の巨人と似ているのですが、なぜか嫌味のない漫画なんですよね。

ただ、このまま行くと途中で頭打ちになってしまいそうです。オリジナルのオンリーワンの設定を入れることが出来ればそれなりにヒットするのではないでしょうか。

せっかく魔法というなんでもアリの設定があるのでそこを活かせると良いですよね!

1話でわかったのは、主人公のアスタは「反魔法」という魔法無力化が能力となるみたいですが、毎回魔法を無力化させて身体能力で倒すというのは読者に飽きられてしまうかもしれません。戦い方を心理戦のようにかっこよく描くか、使える技を増やしていくとさらに面白くなっていきそうです。

いずれにせよ、まだ連載して間もないので長い目で見守っていこうと思います。

PS: ⇒2話ネタバレ&考察記事はこちらからどうぞ

Sponsored Link