Sponsored Link

約束のネバーランドネタバレ7話『頼んだぞ』感想です。

約束のネバーランド7話目、エマがキャロルに埋め込まれた発信機を探します。また、イザベラ(ママ)、クローネ視点も描かれることによって、新たな秘密が続々と明らかになっていきます。

最後の方でママが通信していた相手のグランマ、そしてその上にいるボスとは一体どんな人物なのでしょうか。その正体は鬼?人間?

ではさっそくジャンプ新連載約束のネバーランド7を振り返っていきましょう!

単行本派はネタバレ注意!!

スポンサードリンク

もう1つのルール

%e7%b4%84%e6%9d%9f%e3%81%ae%e3%83%8d%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%8d%e3%82%bf%e3%83%90%e3%83%ac7%e8%a9%b1%e4%bc%8f%e7%b7%9aハウスにはもう1つ、ルールがあります。

ママの部屋にはベビーベッドに1~2歳児が9人いて、ママと共に寝起きしています。その赤ちゃんたちの入浴と着替えを毎晩手伝うのは「なぜか年長の女子のみ」。これには何か理由があるのでしょうか。

年長というのは、その子自身がしっかりしているというので納得は出来ますが、女子だけというのはどういう理由でしょうか。1~2歳児だとしても、男子が着替えをさせて女の子の身体を知ってしまうというのはあまりよろしくないからなんですかね。

エマは女の子なので、エマが新しい妹のキャロルの身体から発信機を探すしかないのです。ノーマンとレイは近付けないのです。

クローネの腹の内

%e7%b4%84%e6%9d%9f%e3%81%ae%e3%83%8d%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%8d%e3%82%bf%e3%83%90%e3%83%ac7%e8%a9%b1%e4%bc%8f%e7%b7%9a3ノーマンとレイに挨拶をしてきたクローネ

これでハウスの子たちほぼ全員と接しました。しかし、死体現場を見たのにどの子も穏やか。「これがイザベラの子供達・・・」と感心します。

クローネとしては、

  1. イザベラ(ママ)の優秀な補佐として活躍、出世。
  2. イザベラがハウスの秘密を知られたのに上に隠している為、密告して”ママ”の座から蹴落として自分が繰り上がる

この2つの”ママ”への昇格ルートがあります。今すぐに出世できるのは後者。クローネはすぐに標的(エマたち)を見つけて捉えなきゃ!と張り切っています。腹黒いです。笑

なんか、『ハンターハンター』のヒソカっぽい喋り方でとても不気味です。ただ、ヒソカと違って死亡フラグ臭が半端ないです(笑)

発信機の場所

%e7%b4%84%e6%9d%9f%e3%81%ae%e3%83%8d%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%8d%e3%82%bf%e3%83%90%e3%83%ac7%e8%a9%b1%e4%bc%8f%e7%b7%9a4レイとノーマンなら何を考えるか。そう考えながら、キャロルの身体に埋め込まれているハズの発信機を探します。

鬼でも発信機は食べないハズ・・・。つまり、子供の身体が成長しても、出荷前に取り外しやすい場所・・・。

そう考えた結果、キャロルの耳の裏に採血痕があることを確認したエマ。確かに昔、赤ちゃんの血管は細いから耳から採血しているとママが言っていました。誰の耳にもあったので、おそらくは耳に発信機が仕込まれているということになります。

脱走する際は、耳を引きちぎるんですかね・・・。

ママとグランマと鬼

こちら73584第3プラント。10月17日異常ナシ

ママはハウスの秘密の地下室から上への定期連絡をしています。

その相手は大母様=グランマです。口元しか描かれていませんが、どうやら人間のようです。

ボスからの伝言で、「例の3匹予定通り出せるな?」と言われています。どうやら、今年の「儀祭」で出せる最上物の人肉は、イザベラママのいるプラントくらいしかないとのこと。%e7%b4%84%e6%9d%9f%e3%81%ae%e3%83%8d%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%8d%e3%82%bf%e3%83%90%e3%83%ac7%e8%a9%b1%e4%bc%8f%e7%b7%9a5ボスの正体は鬼なのか人間なのかわかりませんが、最後に鬼たちが集結しているシーンが描かれ、グランマからの報告を受けたようです。

そして、恐らくはボスであろう名前が登場するのですが、読めません(笑)

これはわざと今だけモザイクっぽくいしているのか、本当にこんな謎の名前なのか・・・。

7話の考察

今回、色々な新情報が出てきたので整理してみます。

  1. ママの部屋で1~2歳児の面倒を見れるのは年長の女子だけ
  2. イザベラママは非常に優秀という話は別の拠点でも噂になっていた
  3. クローネはイザベラママを失脚させようと企んでいる→エマたちを捕まえる気満々
  4. 耳に発信機が埋め込まれているが、どんな物でどんな技術で埋め込まれているか不明
  5. このハウスは73584第3プラント
  6. ママの首筋のマイナンバーも73584
  7. 他のプラントは実りが悪い
  8. 「今年は」というグランマの発言から、毎年「儀祭」が行われている
  9. シスター→ママ→グランマ→鬼リーダー→ボスという序列がある
  10. ボスの名前は読めない(モザイク代わりにしているだけ?)

こんなところでしょうか。

外の世界がどうなっているのか非常に気になりますね。ボスが鬼なのか人間なのかによっても展開は変わってきそうです。

おわりに

約束のネバーランド第7話『頼んだぞ』、いかがでしたか?

7話目では発信機の場所の特定が出来ました。それと、グランマ以上の敵陣営がちょっとだけ描かれました。

儀祭まで恐らくは時間がないのでしょうから、一刻も早く外の世界の情報を知り、全員で逃げ出す方法を考えなければなりません。発信機の場所はわかりましたが、まだまだやるべきこと・知るべきことは無数にあります。

イザベラママは非常に優秀なので、なかなか手強そうですし、脱走してからも全員無事な気がしません。果たして3人は生き残ることは出来るのか。

次回も斯うご期待!

PS: ⇒『約束のネバーランド』まとめページはこちら

Sponsored Link