Sponsored Link

約束のネバーランドネタバレ12話『内通者②』感想と考察です。

約束のネバーランド12話目、内通者を巡って物語の謎が少しだけ判明します。

シスターの元へ行ったギルダ。なぜか途中に姿をくらましたドン。

そして、最後にノーマンが疑った人物はレイ・・・。

確かに、レイは怪しかったとは思いますが、まさか最も身近な人物こそがスパイだったのか?

さっそく、『約束のネバーランド12を振り返っていきましょう!

単行本派はネタバレ注意!!

スポンサードリンク

ギルダとシスター

夜中、シスタークローネの元へこっそり向かったギルダ。

エマはそれを察知して尾行します。

そこで話していた内容は、「特に悩みはありません!」というギルダの潔白発言。

その際、クローネの思考が一部公開されます。

%e7%b4%84%e6%9d%9f%e3%81%ae%e3%83%8d%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%8d%e3%82%bf%e3%83%90%e3%83%ac12%e8%a9%b1%e6%84%9f%e6%83%b3%e3%83%ac%e3%82%a4-jpg2

やはり、この農園は「ママ」という制度がある。「ママ」になれるのは人数制限があるようです。これは、恐らく全国の施設の数に比例していると思います。

そして、イザベラママの次のママ候補として、エマが候補に入っているということ。

クローネも以前は施設にいたような描写があり、しかもテストで満点を取っていたような発言もあります。

つまり、施設でテスト優秀者ほど「ママ」になるまで命の保証をされる可能性が高いのです。

クローネは、おとなしく言うことを聞いていれば「ママ」にしてくれるというイザベラの発言は嘘だと確信しています。だからこそ、動く!

諦めないクローネは、ハッタリをギルダにかましたり、「エマの嘘付きと思ったらまた私のところへ来なさい」と種をまきます。%e7%b4%84%e6%9d%9f%e3%81%ae%e3%83%8d%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%8d%e3%82%bf%e3%83%90%e3%83%ac12%e8%a9%b1%e6%84%9f%e6%83%b3%e3%83%ac%e3%82%a4-jpg2-jpg3

ギルダはそのうち道を誤りそうなフラグ満載です。

命の保証

やはり、スパイをやるからにはそれなりのメリットがあるハズです。

レイ曰く、「大人になるまで命の保証をされる」などといったメリットがあるとのこと。

  1. 知らずにママに協力している
  2. 望んでママの味方をしている

②の場合、ノーマンたちはどうするのでしょうか。

エマは、それでも内通者も連れて脱獄すると断言します。

子供達が脱獄に成功してしまったら、残ったスパイは間違いなく殺されるでしょうし、エマはやはり全員で逃げたいようです。

ノーマンも、大好きなエマの発言に納得します。

レイ=内通者

%e7%b4%84%e6%9d%9f%e3%81%ae%e3%83%8d%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%8d%e3%82%bf%e3%83%90%e3%83%ac12%e8%a9%b1%e6%84%9f%e6%83%b3%e3%83%ac%e3%82%a4-jpg2-jpg3-jpg4ギルダに教えた情報は、「ロープはトイレの天井の裏」

ドンに教えた情報は、「ロープはノーマンのベッドの下」

そして、ダミーのロープがなくなっていたのはノーマンのベッドの下でした。

それを見て、レイこそが「内通者」だと言うノーマン。

確かに、ノーマンに対し「お前こそ・・・」という発言は、「お前こそ生き残るにふさわしい」みたいな感じの言い方をした時がありましたし、鬼ごっこに混ざらないで子供たちと距離を置いていたり、しきりにママがレイを気にしていたりと、怪しいところはありました。

しかし、ノーマンとエマの全員で逃げるという確固たる意志に屈した時の表情は、「だったら裏切るわ」って感じの態度ではありませんでした。

これまでの11話で、発言や表情からレイは怪しいように見えるけどやっぱり仲間なんだろうな~と思っていた矢先の出来事だったので驚きましたね。

考察

それでも、私はまだ、レイが黒と決まったワケではないと思います。

ノーマンは、「内通者」とだけ言いました。「スパイ」とは言っていませんので、もしかしたら「内通者」を演じることで逆にママを利用しようとしている可能性だってあります。

頭の良いレイだったら、みんなを裏切ってママの味方をしても、命の保証があるとは限らないことくらいわかっているハズです。

施設を出た後の地獄(もしかすると天国)の回避 VS 大人になるまで命の保証(希望的観測)

という天秤で、レイは前者を選んだのでしょうか。

 

 

翌朝、ドンが姿を見せなかったことも、何かの伏線であると思います。

もしかしたら、ママと作戦会議をしているのかもしれませんし。

わざわざママがダミーのロープを回収するとは思えないんですよね。ドンに関してもそう。

2人に話した途端にロープが回収されたとなれば、明らかに内通者として疑われますからね。

ということは、レイがわざとママに内通し、ロープも回収したという可能性が浮上します。

・・・なんてのは、単なるこじつけですかね?笑

おわりに

約束のネバーランド第12話『内通者②』、いかがでしたか?

12話目では、今度はレイに内通者疑惑の目が向けられました。

果たしてレイは本当に裏切者なのか。

だとするといつ、なぜ裏切ったのか。

非常に気になりますね。

次回も斯うご期待!

PS: ⇒『約束のネバーランド』まとめページはこちら

 

 

Sponsored Link