Sponsored Link

暗殺教室148話「過程の時間」のネタバレ(画バレ)です。

今回の『暗殺教室』148話では、渚とカルマの戦闘描写です。

今回はカルマの圧倒的な戦闘能力が披露されます。

やっぱりカルマがナンバーワン!?!?

さてさて、さっそく今週号の『暗殺教室』148話をチェックしていきましょう。

スポンサードリンク

カルマの圧倒的体術!

「殺す!!」「助ける!!」

対極的な2人の戦闘が開始されました。

ただ、パワーの差は圧倒的です。

常にケンカをし、それで停学になってしまうほど戦闘スキルの高いカルマ。

カルマのケンカ技はナイフを当てるまでの流れを有利に運べます。

一方で、渚も奇襲のために、足にもう一本ナイフを隠しもっています。

隙をつくのが上手い渚。カルマのナイフを蹴り飛ばします。

暗殺教室148話ネタバレ4ナイフを落としたカルマに渚が襲い掛かりますが、頭突きで返り討ちに遭います。

渚もナイフを落とし、もう一本のナイフを取り出そうとしますが、カルマがそれを許しません。

「気絶させてからゆっくりトドメ刺してやるからさ!」

なんという暴君ぷり。

渚をボコボコにし始めます。暗殺教室148話ネタバレ渚のカウンターパンチを顔面に受けても微動だにせず、わざと攻撃を受けるほどです。

駆け引き・戦略・倒し方、そういう戦いの先にあるのがカルマの暗殺の流儀です。

一方で、ただひたむきに勝利につながる一撃を探し続けるのが渚の戦いの流儀。

そんな渚の一撃一撃を堂々と受け止めた上での勝利を目指しているカルマ。

暗殺教室148話ネタバレ5それはクラスのためでもあるのです。

カルマもこの暗殺教室で成長しましたね。登場時は本当に厨二病全開でしたからね(笑)

さあ、最後のトドメを刺そうとナイフを手にしました。

が、その瞬間。

暗殺教室148話ネタバレ6でたーーーーーーーー!!!!

渚のねこだまし!!!!

ポケモンでしたら、1ターンひるむところですが、カルマは舌を噛んでひるまずに意識を保ちます。

暗殺教室148話ネタバレ3「俺が勝つ!!」

アツイ!本当にアツイ戦いです!!

あとがき

今回の暗殺教室148話は、カルマの心理描写を中心に描かれていました。

渚のすべてを受け止めて、それを全部へし折って勝とうとするのはカルマらしいですよね。

不意打ちで勝ってもカルマらしくありませんし、何よりクラスのみんなが納得する結末とは言えません。

そのためにタイマンを仕掛けたワケではありませんので、カルマは実に男らしい!

一方、渚も最後まで自分のスタイルを貫いています。奇襲・不意打ち何でもアリです。

お互いに対極な存在だからこそ、こんなアツイ戦いとなっているのでしょう。

展開の早い暗殺教室ですので、恐らくは来週か再来週の回で決着が付いていると思われるのですが、果たしてどちらが勝つのでしょうか。

どっちが勝っても、負けた方のプライドは傷つくはずです。

それをどういった形で、次の展開に持っていくのでしょう。

その辺りに注目していきたいですね。

次回もお楽しみに!

 


PS:⇒149話『決着の時間』のネタバレ感想はこちら

Sponsored Link