Sponsored Link

暗殺教室143話「分裂の時間」のネタバレ(画像)です。

今回の『暗殺教室』143話では、殺せんせーを守りたいと、それに反対するカルマの喧嘩回でした。

怒っているカルマ君がかわいいwやっぱり中学生なんですね!

さて、さっそく今週号の『暗殺教室』143話をチェックしていきましょう。

スポンサードリンク

殺せんせーを助けない?

暗殺教室143話ネタバレ2 殺せんせーを救いたいという渚の提案に対し、反対する勢力がいました。

中村さん寺坂一派です。

「今から助かる方法探して

もし見つからずに時間切れになったらどうなるよ?」

暗殺できる力を身につけたのにそれを使わないでタイムリミットになるのは勿体無いと主張する寺坂たち。

一見冷たい考えのように聞こえますが、一度は渚のように殺せんせーが助かる方法を考えてみたようです。

結局それが思いつかないと同時に、「そんな中途半端なことして殺せんせーが喜ぶはずがない」と。

殺せんせーは、愛する生徒たちに殺してもらい、自分を止めてもらいたいんですよね。

ですから、中村さんのように、「だからこそ殺さなくちゃならない」と考えるのは間違っているとは思えません。

一方で、渚の考えのように、殺せんせーを救うのであれば、それは100%失敗してはならない試みでしょう。中途半端な結末は、殺せんせーにとって失礼極まりません。

カルマVS渚

もう一人、渚の提案に反対する生徒がいました。

暗殺教室143話ネタバレ4そう、カルマです(笑)

「ねぇ渚君

ずいぶん調子に乗ってない?」

E組で一番暗殺力がある渚が暗殺を止めようと言い出すのは、他の頑張ってきた生徒に失礼だと考えるカルマ。

渚のことを認めているんですね(笑)

次第に口論になっていきます。

「体だけじゃなく頭まで小学生か!?」と叫ぶカルマ。

結局カルマの方から渚に手を出しました(笑)

カルマ君、やっぱキミ中学生ですわ・・・笑

暗殺教室143話ネタバレ3反撃として、飛びつき三角絞めを喰らわせる渚。

烏間先生が護身術を教えていたみたいです。

なんつー中学生だ・・・!!

ただ・・・

「格闘でカルマにかなう奴なんて・・・」

そう、カルマは格闘に関しては完全に「天才」。

三角絞めを喰らいながらも左手でワンパンを入れようとします。

しかし、他の生徒たちにいい加減止めさせられました。

赤VS青で決着?

暗殺教室143話ネタバレ5そこに現れた殺せんせー

生徒たちが分裂するのは嫌だということで、殺せんせーを殺すべき派は赤チーム殺せんせーを殺すべきでない派は青チームに分かれて決着をつけさせることにしました。

相手のインクを喰らったらその人物は負けという、模擬サバイバルゲームです。

そして、どっちが勝っても恨みっこ無しの真剣勝負です。

暗殺教室143話ネタバレ6これに賛成し、決着をつけることでクラス全員が合意しました。

さて、どのような勝負になるのでしょうか・・・!!

おわりに

というわけで、渚のいる青チームと、カルマのいる赤チームに分かれて戦うことになったE組の生徒たち。

最後に生き残っていたチームの主張⁼E組の方針ということになりました。

果たしてどちらが勝つのでしょうね。

触手のなくなった茅野はどのくらい動けるのかも気になるところです!

来週号は、壮絶な戦いが見られるでしょう。

楽しみですね!

 


PS: ⇒144話 真のヒロイン神崎さんの無双回はこちらから

Sponsored Link