Sponsored Link

暗殺教室の128話で、ヒロインの茅野カエデ黒幕怪物化しました!

本当にびっくりで、伏線無しの後付け設定なんじゃないの?って思いましたが、実はそうではありませんでした。

茅野が「怪物」の正体だとは・・・松井優征先生はやっぱり天才だと思います。

『ネウロ』に続いて2作目の作品なんですよねこれ。

では茅野カエデに張られていた伏線を確認してみましょうか。

スポンサードリンク

茅野カエデ怪物化の伏線まとめ

暗殺教室 茅野 怪物3

◆第3話
茅野「渚 私E組来てから日が浅いから・・・」
⇒2年の時に停学になった赤羽カルマを知らない。つまり、E組に来たのはそれ以降。
暗殺教室に潜伏するためにE組に来たことを示します。

◆第21話
杉野「なー上に乗ってるイチゴくれよ」
茅野「ダメ!!おいしいものは最後に食べる派なの!!」
⇒殺せんせーとの日常を楽しんで、最後のデザート代わりに殺そう、という暗示でしょうか。ちなみに殺せんせーもいちごは最後まで取っておく派なので、同じ触手バケモノとしての共通点がありますね。(第31話より)

◆第29話
シロが教室に入ってきたときの一コマ。
殺せんせー「何か?」
シロ「いや・・・」
⇒渚を見ていたように見せかけて、茅野を見ていた模様。茅野はここで第128話でシロが言う通り目をそらしています。

◆第31話暗殺教室 茅野 怪物2
渚「E組が殺したかった!!」
⇒ネットでも話題になってましたが、このコマで右端の茅野の後頭部から触手らしきものが見えます。

◆第32話
シロ「しかもあのクラス・・・。フフ面白い。」
⇒渚のことと見せかけて、触手持ちの茅野のことをほのめかしていたのかもしれませんね。

◆第43話
茅野「泳ぎは苦手だし・・・」
⇒殺せんせーの弱点から、触手持ちは水が苦手という共通点です。この後思いっきり溺れてます(笑)

◆第48話
イトナ「少しの水なら粘液を出せば防げるぞ」
→第43話のフォローでしょうか。

◆第49話
渚「見逃していたんだ(中略)殺せんせー最大の弱点を」
⇒これは生徒の命を守らなきゃいけないってことだと思います。生徒の存在が殺せんせーにとってはお荷物となるでしょう。

◆第78話
浅野「以前ここで理事長の事物を壊した奴がいた・・・」
⇒回想に出てきたので伏線の可能性が高いです。茅野がE組に落ちた理由でしょうか。おそらくうっかりを装っていたんじゃないですかね。

◆第80話暗殺教室 茅野 怪物
茅野「ふふ。本当に刃は親しい友達にも見せないものよ」
「また殺るよ。ぷるんぷるんの刃だったら他にも色々持ってるから」
⇒プリンの回でのセリフですが、ぷるんぷるんが触手だとは誰が予想したことでしょう。殺せんせー以外にも触手持ちがいたんですね・・・。ヒロインの割にメイン回が遅いと一部の人には疑われてたみたいです。ネットの情報ですがここのコマも後ろ髪がカールして触手っぽい。

◆第88話
シロ「あの教室にはイトナ以上の怪物がいる・・・」
「私の改造も受けていない一般生徒・・・」
⇒渚の秘められた暗殺者としての才能を買っているのかと思いましたが、128話で「怪物」という単語を出してきたことからも、「怪物」の正体は茅野だったということになります。きっちりコマに茅野が入っていますし。シロの改造を受けていない一般生徒は茅野だったんですね。その触手、どこで手に入れたんだ・・・!!

◆第89話
茅野「「ジャスティス」!?てっきり「まさよし」かと思ってた・・・」
⇒E組メンバーについてあまり知らない茅野。やはり2年生終盤にE組に来たようです。完全に暗殺目的ですね。そりゃ1人くらい教室内に潜伏者がいてもおかしくはありませんが、暗殺教室という漫画に緊張感がないためか、全くそんな手のひら返し考えていませんでした!

◆第103話
渚「超体育着の防御機能が正常に作動した筈だ」
⇒女子体育着の防御機能が無いアンダーウェアの所を蹴られているようにも見える。それなのに無事だった!?

◆第115話
茅野「本校舎の皆も気合い入ってるねー!そんなにすごいんだ」
⇒文化祭を知らないとは、転校生なのでしょうか。

◆第116話
倉庫で魚を焼いているコマ
杉野「煙だっ!!これしばらく臭い残るぞ茅野!!」
⇒体育倉庫に落とし穴を掘っているののカモフラージュでしょうか。128話では落とし穴にまんまと殺せんせーを落としています。

◆他にも・・・

  • 殺せんせーやイトナ(触手持ち)と同じく甘党である
  • 殺せんせーの自己紹介時に、1人だけ苦笑いしている
  • 死神の攻撃を受けても意識があった(普通重症で意識不明のハズ)

こんなに伏線があったなんて、さすが松井優征先生です。暗殺教室はほのぼの系かと思いましたが、そこはネウロの作者ということもあり、発想が常人の斜め上を行っています!!

というよりも、どうしたら読者が喜ぶかということを本当によくわかっていらっしゃる!!

もしかしたら中高生は日常系の方が好きなのかもしれませんが(笑)

茅野カエデのプロフィール

暗殺教室 茅野 怪物5出席番号:E-7
誕生日:1月9日
身長:146cm
体重:39kg
バストサイズ:永遠の0
得意科目:国語
苦手科目:体育(完全に嘘w)
趣味特技:採点カラオケ
将来の目標:デキるオンナ
好物:プリン
成績:二学期期末テストのE組女子9位(E組総合16位/学年総合24位)

特徴なのが、「大して特徴がない」というところです。

そこが暗殺者として凄いところであり、殺せんせー最大の敵でもあるシロが褒めている点でもあります。

ヒロインなのにヒロインとは思わせない程の存在感のNASAで、黒い触手があるなんて気付きませんでした。

一体その正体はどんな殺し屋なのでしょうか。

おわりに

ジャンプを読んだ方、どうでしたか?衝撃的でした?

予想通りだったとしたらもの凄い「暗殺教室」を読み込んでいますね!

巻末の作者コメントで、「ここからが『暗殺教室』です。よろしくお願いします。」と松井先生がコメントしていらっしゃったので、今後が非常に楽しみになってきました。

やっぱりこういう「キチガイ」染みた展開を描ける松井先生は天才だと思います。

いやー、ほんと今後の『暗殺教室』が楽しみで仕方ないです!

PS:⇒松井優征先生の学歴や『暗殺教室』の製作エピソードについての記事はこちら

⇒茅野カエデの伏線追記と殺せんせーの弱点の考察記事はこちら

Sponsored Link