Sponsored Link

暗殺教室129話『正体の時間』ネタバレです。

今週号で、茅野カエデの正体が、【雪村あぐり】の妹(=雪村あかり)であることが判明しました。

雪村あぐりとは、E組の前の担任だった人みたいです。

暗殺教室を読み込んでいない人にとっては、「雪村先生って誰?」と疑問に思う方が多いのではないでしょうか。

今回は雪村あぐりの情報についてもまとめていきます。

スポンサードリンク

ネタバレ129話考察

まずは今回の暗殺教室129話の内容を整理してみましょうか。

センターカラーは正体を現した茅野カエデでした。暗殺教室 雪村あかり 茅野カエデ目が赤く充血していて、触手をあらわにしている茅野こと雪村あかり。傍に「kill」の文字が。こわい・・・。暗殺教室 茅野 怪物 伏線2

以前のセンターカラーとの対比をすると、今までは一体なんだったんだと言いたくなるような豹変っぷりです。

◆正体の時間
1年間暗殺教室の特等席で殺せんせーの触手を観察してきたことから、単純な触手同士のぶつかり合いでは茅野の触手が殺せんせーを上回るようです。

落とし穴での攻防ですが、殺せんせーの反撃に警戒したその隙に、壁を壊して地中から脱出されてしまいます。

渚を含め、騒ぎを聞きつけたクラスメイトも茅野のその触手に驚きを隠せません。

仲良しだった神崎さんと奥田さんの表情を出してくる辺り、演出が細かいですね!

「雪村あぐりの妹。そう言ったらわかるでしょ?人殺し

茅野が殺せんせーに言い放ちます。殺せんせーの後ろ姿が寂しそうです。やはり過去に何かあったようですね。

茅野は明日また殺しに行くよと予告して去って行ってしまいます。

イトナ曰く、

「メンテもせずに触手なんか生やしていたら・・・地獄の苦しみが続いていたはずだ。脳みその中で棘だらけの虫がずっと暴れまわっている気分。表情にも出さずに耐え切るなんて不可能だ」

と言っています。茅野もまた人間離れしている怪物であることを示唆しています。

「磨瀬榛名」。どんな役でも軽々こなした天才子役であったことも明らかになりました。ただ、どれが本物の茅野なのかがわかりません。複数の顔を持ちながらも茅野カエデになりきるどころか茅野カエデとして普通に笑い、普通にクラスでの日常を過ごしていた雪村あかりの執念たるや、尋常ではないでしょう。暗殺教室 茅野 磨瀬榛名 雪村あかり

そしてその触手ですが、シロの研究室から盗み出したようです。

盗んだ時は姉の雪村あぐりが死んだ時。

盗んだ触手を理解した知能、激痛に顔色一つ変えずに耐える精神力、複数の顔を次々と使いこなすその演技力、E組の中でも断トツで暗殺の才能があるのです。

雪村あぐりとは?

雪村あぐりとは、茅野カエデ(本名:雪村あかり)の姉であり、E組の前の担任であることが判明しています。

暗殺教室 雪村あぐり 茅野カエデE組の前の担任といえば、76話で木村がこんなことを言っていました。

1か月間だけの担任でしたが、優しくて好感を持たれていたみたいです。

この先生が雪村あぐりだったのでしょうか。

1巻で殺せんせーの回想に出てきた女性も雪村あぐり先生であると読者に予想されています。

また、

「雪村あぐりの妹。そう言ったらわかるでしょ?人殺し
姉の雪村あぐりが死んだ事件には少なくとも殺せんせーが関わっているみたいです。

◆茅野はシロの研究室から触手を盗み出した
姉が死んだ後に触手を盗み出したことから、姉の雪村あぐりはシロの研究室と関係があったということでしょう。

茅野は殺せんせーを殺すには自分にも触手が必要と考えたからこそ、触手を盗んだはずです。触手のありかをわかっているということは、シロの研究を知っていたということになります。

◆雪村あぐりはE組の前の担任
回想で、殺せんせーにE組の担任を任せた女性ですが、なぜよりによってE組の担任をお願いしたのか。

その答えはE組の担任をやっていたからに違いないでしょう。

雪村あぐりはE組の元担任であり、3月まで教壇についていたことから、回想の女性=雪村あぐりであると推測出来ます。

◆シロの余裕

触手を盗まれ、圧倒的な暗殺センスを認めておきながらなぜか全く焦りのないシロ。先に殺せんせーを殺されたら暗殺の報酬は貰えません。

なのにどうしてビーカーに入れたコーヒー?を余裕に飲んでいるのでしょうか。茅野の暗殺決行と、シロの語りは時系列が違うのでしょうか。

もし時系列が一緒であれば、シロが余裕なのは①茅野は殺せんせーを殺せないと考えている自分が茅野を利用しているからなのではないでしょうか。

しかも茅野は殺された姉(多分勘違い)の復讐が全ての原動力。こういったキャラは利用されやすいのが漫画のお約束です。

もしかして、わざと触手を盗ませた?

おわりに

今週で茅野の正体が少しだけ明らかになりました。

全ては茅野の姉・雪村あぐりと謎の暗殺者シロが物語のカギを握っているようですね。

最終的には茅野は暗殺に失敗するとは思いますが、その後茅野はどうなってしまうのかは気になるところですよね。

王道展開で再びE組に笑顔で戻ってくるのか、それとも松井先生らしく予想の斜め上を行く展開になるのか、まだまだ暗殺教室の先はわかりません!

PS: ⇒130話ネタバレ&シロに関する考察はこちらからどうぞ

Sponsored Link