Sponsored Link

『暗殺教室』180話、最終回のネタバレ感想です。

今回の漫画『暗殺教室』180話最終回殺しの時間」では、前回に引き続き、大学生くらいの年齢になったE組の生徒たちの現在です。

いよいよ『暗殺教室』も完結。

179話では登場しなかった渚やカルマの現在がとても気になりますね。

さっそくですが、今週号の『暗殺教室』180話を振り返ってみましょう。

スポンサードリンク

E組の生徒たちの活躍暗殺教室最終回ネタバレ2

茅野によるナレーションで、現在の生徒たちの状況が描かれます。

奥田さん竹林君は、卒業後も同じ進路を進んでいました。

「どんな血液型にも輸血できる人工血液」を開発中のようです。これは、殺せんせーの活性粘液のレシピをヒントにしています。実現出来たらノーベル賞ものですね・・・!!暗殺教室最終回ネタバレ3

杉野君は大学野球でエース級の活躍。変化球がキレッキレのようです。

寺坂君は、将来は政治家ですかね?暗殺教室最終回ネタバレ4

イトナは実家の工場で働いているみたいです。経営に困ったら共に家業を継いでいる村松君と吉田君の手を借りるとのこと。

は、日に日に進化しているようです。最強の人工知能です。
E組の生徒たちの力になってくれているようです。正直、律がいればどんなビジネスだって成功しますよね。なんてったって宇宙ロケットの軌道計算をやってくれた最強の存在なのですから!

カルマの現在暗殺教室最終回ネタバレ5

 

カルマは国家試験を軽々パスして、次なる挑戦は、「経済産業省」への入省のようです。
なかなか男前に成長しています。身長は185㎝まで伸びました。

「ここが俺の新しい財布かぁ」

いかにもカルマらしい発言ですね。

でも、新しい財布ってことは、「古い財布」があったハズです。まさかカルマがただのバイトをしていたワケあるまいし。何でしょうね!

そして、あのカルマが「公務員」ですか・・・。何があったんでしょうね。

また、椚ヶ丘でライバルであったであろう浅野君はどうなってしまったのでしょうか。

やはり彼も国家試験を受けて官僚になろうとしているのかもしれませんね。

渚の現在

茅野が過去を振り返ります。

そう、E組の生徒は殺せんせーから本当に沢山のことを学んできました。

特に、「命」に関する授業は、1年間を通じて毎日繰り広げられてきました。

そうした経験が、今の彼ら彼女らを作っています。

暗殺教室最終回ネタバレ7

それは今後も同じ。

茅野が「いつか育てたい命」と言っていますが、これは勘違いしてはいけませんよ・・・(笑)

妊娠しているワケではありません。女性ならではの、表現です。

その証拠に、渚との関係を聞かれた時に顔を赤くしています。

どうやら、未だに渚の事を片想いしているようです。暗殺教室最終回ネタバレ8

 

連絡はたまに取ってるくらいですかね?

基本的には渚は茅野のことをそっちのけ。本当に罪な男です。
というか、朝ドラヒロインを放っておくなんて、渚は本当に男じゃないのかも・・・なんて。笑

そして、ついにの登場。

どうやら教育実習の開始のようです。暗殺教室最終回ネタバレ9

 

しかし、不幸なことに「リアルごくせん」状態のクラスに赴任。笑

中学生だとか、女だとか、初っ端から散々言われています。これは酷い。

「俺らに命令すんじゃねえ。

殺すぞ」

と脅してくる生徒に対し、「2代目殺せんせー」の渚が牙をむきます。

伝家の宝刀ねこだましから、簡単に背後を取ってしまいました。

これには生徒たちも戦慄。暗殺教室最終回ネタバレ91

 

「殺せるといいね!卒業までに」

殺せんせーの1番最初の名セリフ!!

なんと憎い演出を入れてくれるんでしょう!

殺せんせーは、渚の中で確実に生き続けています。渚は素晴らしい教師になるでしょうね!
さすが『暗殺教室』の首席です。暗殺教室最終回ネタバレ92

これにて『暗殺教室』は終了。

右端に松井先生の署名が入っていますね。

【ネウロ】からの2作目も良い感じに王道展開で締めくくってくれました。

本当にこの人は才能に溢れていますよね。

ちょっと早いですが、松井先生の3作目の作品にも期待です。

おわりに

【暗殺教室】最終話、いかがでしたか?

最後は王道で締めくくるという、読者にとっては後味の良い終わり方でしたね!
「殺せんせー」を暗殺して地球を守るという使命と、「雪村先生」の意思を継いでE組の生徒たちを立派に育てる、という生徒たちと殺せんせーの目的は達成されました。

これ以上ないストーリーの終焉であったと思います。これ以上風呂敷を広げることは出来ないでしょうし。

この『暗殺教室』という作品、賛否両論ではありましたが、個人的にはなかなか良い作品であったと思います。

もちろん、「ネウロ」のようなさらなる邪道展開を期待していた方もいますでしょうし、「ワンピース」のような王道漫画には到底及ばないという意見もあることでしょう。

確かに、途中つまらなかったです!笑

ただし、松井先生らしい作品であったことは確かです。

本当に、3作目にも期待できると思います。

このサイトでは、途中からの記事投稿でしたが、毎回読みに来て下さった読者の方々には感謝です!ありがとうございました!

今後は「ハンターハンター」か、「ワールドトリガー」、または「ブラッククローバー」のネタバレを書いていこうと思います。皆さん的にはどれがいいですか

その他気になった話題は何でも記事にしちゃいます!

今後とも「トレンド三十六景」を宜しくお願い致します。

Sponsored Link