Sponsored Link

『暗殺教室』176話ネタバレ感想です。

今回の漫画『暗殺教室』176話「やってきた時間」では、茅野カエデ「永遠のゼロ」の復活から、殺せんせーの暗殺までのやり取りです。このネタバレも、残すところあと5話で最終回です。

茅野を復活させたのち、弱々しく倒れ込んだ殺せんせー。それもそのはず、文字通りの死闘でしたからね。

瀕死とも言える殺せんせーを生かすか殺すか。ただし、レーザーの発射はもはや不可避であり、E組の生徒たちが殺さなければ、レーザーが殺せんせーを絶命させることでしょう。

さあどうする、生徒たち。

というワケで、今週号の『暗殺教室』176話を振り返ってみましょう。

スポンサードリンク

「永遠のゼロ」復活とその代償

暗殺教室ネタバレ176話最終回に向けて2殺せんせーの神業のおかげで、生き返った「永遠のゼロ」

自分の姿に驚いています。

いや、安静にしてろって・・・。

ただ、他の生徒たちも茅野が生き返って嬉しそうです。

暗殺教室ネタバレ176話最終回に向けて3そんな微笑ましいやり取りとは裏腹に、殺せんせーは倒れ込みます。

そりゃそうです。全力で柳沢&二代目死神を相手にし、全神経を集中させて茅野を手術したのですから。

そんな殺せんせーは、いつになく満足気で、いつになく弱々しい状態です。
いわゆる、暗殺チャンス。それはE組の生徒たちも気付いています。

「楽しい時間は必ず終わるものです。

それが・・・教室というものですから」

なんとも寂しい言葉を発する殺せんせー。

まあ生徒たちが殺さなくても、レーザーが殺せんせーを打ち抜くことは間違いありません。
瀕死状態の殺せんせーがここから逃げることは不可能です。

生かすか殺すか

磯貝君がみんなに多数決を取ります。

殺せんせーを、殺したくないか殺したいか。

暗殺教室ネタバレ176話最終回に向けて4殺したくない人には、かなり大勢の生徒が手を挙げています。

続いて、、殺したい派の挙手。

暗殺教室ネタバレ176話最終回に向けて5こちらも全員が挙手。結局、殺さなければE組の暗殺教室は終わらないのです。たとえ、殺したくなくても。

殺せんせーのパワーは意外と弱いことを知っている生徒たちは、全員で殺せんせーの身体を抑えます。これで殺せんせーは逃げることが出来ません。まあ逃げる気もないんですけど。

暗殺教室ネタバレ176話最終回に向けて6最後は渚がトドメを刺すようです。E組の首席ともいえる渚の一撃であれば、誰も文句はありません。

最後の一撃の前に、いよいよ殺せんせーから最後のお言葉が。

大事なことはアドバイスブックを教室に残してきたとのことで、最後に出欠を取ると言い出す殺せんせー。これが最後の出欠です。

そして、これが殺せんせーと生徒たちの最後の交流です。

暗殺教室ネタバレ176話最終回に向けて7雪村先生の想いも乗せて・・・。

おわりに

『暗殺教室』ネタバレ176話、いかがでしたか?

いよいよ残すところあと4話で最終回です。

次回に出欠を取り終えて殺せんせーを暗殺、残り2話でアドバイスブックなど、殺せんせーの残してくれたものの振り返り。そして最終回で、生徒たちのその後って感じでしょうか。

殺せんせーの死亡はもはや確定的ですが、その方が漫画として綺麗に閉まるかなと思うので個人的には賛成です。

もっと読者の度肝を抜く展開を期待していたのも事実ですが、良い意味で、邪道かつ王道展開のハイブリット漫画だったと思います。その辺の感想は最終回後にまた書きますね。

さて、次号で恐らく殺せんせーは渚にとどめを刺されることでしょう。

ちょっと寂しいですね・・・。でも仕方ない。

生徒たちには、殺せんせーと雪村先生の分まで精一杯生きてもらいましょう。

残り4話、ここまできたら絶対に見逃せませんよ!

【暗殺教室】まとめページはこちら

Sponsored Link