Sponsored Link

『暗殺教室』175話ネタバレ感想です。

今回の漫画『暗殺教室』175話「戻らないの時間」では、茅野カエデの復活。これが全てです。

二代目死神との戦闘を終わらせ、殺せんせーは茅野を復活させます。
しかも、驚くべき手法を使っての復活です。

殺せんせーのスペックのチートさには今更驚きませんし、茅野が無事にと再会出来ただけで、個人的には満足です。笑

ではさっそく今週号の『暗殺教室』175話を振り返ってみましょう。

スポンサードリンク

かつての教え子

暗殺教室ネタバレ175話茅野カエデは生きていた!?二代目死神が、「初代死神(当時の殺せんせー)」のもとで過ごしていたある日。

草むらの花を適当に摘んで飾ってみたという二代目。当時の殺せんせーは適当に褒めますが、二代目の嬉しそうな顔は殺せんせーの視界には入っていませんでした。

これが過ちのはじまり。

当時の殺せんせーは本当に無感情な男でした。

「誰かに認められたい」という感情を持っている人間が世の中の大半を占めています。
他人に認められるということは、自分自身の存在証明になりますからね。

暗殺教室ネタバレ175話茅野カエデは生きていた!?2二代目も、やられ際に本音が出ちゃっています。
ああ、可哀想な人生でした。

茅野カエデの蘇生

暗殺教室ネタバレ175話茅野カエデは生きていた!?3茅野の亡骸を持つ渚。

二代目死神を殺せんせーが倒したのはみんな見ていましたが、茅野の悲しみで誰も歓喜の声を上げませんでした。

同級生が、お腹を貫かれた瞬間を目撃しているのですから、そりゃあみんなショックですよね。この1年間、一緒に成長してきた仲間の死は素直には受け入れられません。

暗殺教室ネタバレ175話茅野カエデは生きていた!?4そんなところへ、殺せんせーが戻ってきました。

なんと、茅野を蘇生させる気みたいです。

雪村先生が同じように身体を貫かれて亡くなってしまった過去を教訓に、殺せんせーは蘇生の技術を身に付けていたのです。

万能な触手とそのスピードの力で、茅野の細胞や血液を無菌状態で掻き集めていたとのこと。
今更そんなチート設定に驚きませんよ(笑)

暗殺教室ネタバレ175話茅野カエデは生きていた!?5渚の前に仁王立ちする殺せんせーは、渚にとって憧れであり、なんと大きな存在なのだろうと感じていることでしょう。

この何気ない一コマ、私個人的には非常に好きな一コマです!
偉大なる恩師の、底知れぬ力を前にして、私だったらワクワクが止まりません。

暗殺教室ネタバレ175話茅野カエデは生きていた!?6余談ですが、修復できない細胞は殺せんせーの粘液で穴埋めしてあるそうです(笑)

STAP細胞かな?笑

茅野はAB型だそうで、カルマやイトナなどから輸血をさせてもらい、ついに復活です!!!

暗殺教室ネタバレ175話茅野カエデは生きていた!?7いや~、本当に良かった!

茅野が死んだままならテンションダウンしながら毎週更新するところでしたよ・・・。

「また助けてもらっちゃった」

という茅野に対し、

「何度でもそうしますよ。お姉さんもそうしたでしょう。」

と返す殺せんせー。うう、泣ける・・・!!

復活した茅野に、E組の生徒たちはわーっと群がります。

ただ、殺せんせー、ちょっと心配です。

暗殺教室ネタバレ175話茅野カエデは生きていた!?8「私は教師を上手くやれたでしょうか」

っていうこのセリフ、そして雪村先生と遠くから生徒を見守る描写・・・

これって教師生活の終了フラグじゃないですか!?
しかも雪村先生と生徒たちとの位置関係、これって殺せんせー死んでしまうのでは?と若干不安になっています。

そうですよね、あれだけの戦闘、そして超精密な手術、そしてこれからあの超巨大レーザーが発射されるという状況で、生き残ることの方が難しそうです。

果たして殺せんせーの運命はどうなってしまうのでしょうか。

おわりに

『暗殺教室』175話、いかがでしたか?

柳沢&二代目死神との死闘を終え、さらには茅野を手術して蘇生させるという奇跡を起こした殺せんせー。

茅野が生き返って本当にうれしいです。生徒が死んだまま終わるなんて最高にスッキリしないと思っていましたからね。
渚、自分を簡単に犠牲にしてしまう茅野を守ってやってくれ・・・!!

ここまでは素晴らしい展開ですが、まだ最後にレーザー発射が控えています。

上記にもある通り、殺せんせーに死亡フラグが立っています。

果たして殺せんせーはどうなってしまうのでしょうか。

なんと次回は巻頭カラーということで、何かしら大きな進展があることでしょう。

来週号は絶対に見逃せませんよ!

⇒過去ログはこちら

Sponsored Link