Sponsored Link

『暗殺教室』174話ネタバレ感想です。

今回の漫画『暗殺教室』174話「顔色の時間」は、殺せんせーが黒色のオーラと触手に包まれ、暴走を始めそうになってしまいます。

それもそのはず、先週号で自分の命よりも大切な生徒の茅野カエデが、二代目死神に貫かれてしまいましたからね・・・。

果たして殺せんせーは暴走した触手モンスターと化して、全てを破壊してしまうのでしょうか。

さっそく今週号の『暗殺教室』174話を振り返ってみましょう。(更新遅くなりました・・・。)

スポンサードリンク

茅野の仇

先週号では、茅野カエデが無残な一撃を喰らってしまいました。

暗殺教室ネタバレ173話茅野カエデ死亡8二代目死神はもはや人間ではありません。触手のエネルギーに蝕まれたバケモノです。

しかし、殺せんせーも怒りで触手の力が暴走しかけてしまいます。
雪村先生に託された生徒の1人(しかも愛する雪村先生の最愛の妹)である茅野がやられてしまったことで、怒りは最高潮に。

暗殺教室ネタバレ174話黒色のオー2これ完全にダークサイドに堕ちてますやん!!

黒色のオーラと触手に包まれ、恐ろしい顔をしています。

我を忘れて感情が歪めば、前進は黒色に染まり、フルパワーが発揮できるようになるのです。
本来の触手モンスターの姿がこの暗黒化なのです。

これを見て、柳沢は二代目死神に新たなる注射をします。こちらも物凄いオーラ!!
もはや完全にバケモノ同士の対峙です。

これを見て、生徒たちは退避を決意します。

暗殺教室ネタバレ174話黒色のオーラ3これはナイス判断。てかそもそも、もっと早く逃げなきゃですよね・・・。

渚は茅野の亡骸を見て、何を思うのでしょうか・・・。

てか茅野は死んでしまっているのでしょうか。内臓貫通しているんでほぼ即死だとは思うのですが、そこは漫画ですし、ここで茅野が死んでしまうのは寂し過ぎるので、なんとかして生き延びてくれませんかね・・・。暗殺教室ネタバレ174話黒色のオーラ

光のオーラ

暗殺教室ネタバレ174話黒色のオーラ④二代目死神の最後の攻撃を受け止める殺せんせー。

その色は黒以外にも、赤だったり青だったり黄色だったり。

今までに見せたすべての色、感情、過去、命を純白の光に変えて、スーパーサイヤ人化し始めます。

恐らく、怒り以外の感情も入り混じったことで、通常の暴走とは違う変化が起きたのでしょう。

そして。

暗殺教室ネタバレ174話黒色のオーラ5二代目死神を圧倒。

光の波動砲を解き放ち、柳沢もろとも吹き飛ばします。

暗殺教室ネタバレ174話黒色のオーラ6吹き飛ばされた柳沢ですが、空中では身動きが取れません。

吹き飛ばされる先には対触手のレーザー。

「この俺が・・・こんな・・・

ついでの雑魚みたいなやられ方・・・」

と、雑魚特有のセリフを言いますが、その想いは虚しくも崩れ去ります。

完全に小者です。

暗殺教室ネタバレ174話黒色のオーラ7この影を見る限り、手足の触手が思いっきりちぎれてますね・・・。

なんともあっけなく柳沢と二代目死神を倒してしまいました。

おわりに

「暗殺教室」174話、いかがでしたか?

一旦ダークサイドに堕ちかけた殺せんせーですが、結果的には光のオーラに包まれ、悪役2人を一蹴することが出来ました。

ただ、かなりあっけない戦闘の終わり方で、盛り上がりにイマイチかける印象を受けました。

まあ「暗殺教室」はバトル漫画ではありませんし、この後の殺せんせーと生徒たちのやり取りを噛みしめて読めばいいですよね・・・!?

さて、いよいよすべての戦闘が終わり、残すは光のレーザーに対してどうするか、だけになりました。

恐らくは殺せんせーだけがあの空間に残り、生徒たちとはここでお別れなのかな~なんて予想しています。うーん、寂しい!!

また、茅野が本当に死んでしまったのか、その辺りにも注目して次号を待とうと思います。

⇒「暗殺教室」過去ログはこちら!毎週更新しています!

 

 

 

 

 

Sponsored Link