Sponsored Link

『暗殺教室』173話ネタバレ感想です。

今回の漫画『暗殺教室』173話「私の生徒の時間」は、ついに来てしまった衝撃展開。

茅野カエデです。

え?これほんと?と思うような唐突な展開で、思わず3周くらい読み返しました。

やっぱりやってくれたな松井先生・・・。でもよりによって茅野かよ・・・。

はい、今週号の『暗殺教室』173話を振り返ってみましょう。

スポンサードリンク

殺せんせー被弾

暗殺教室ネタバレ173話茅野カエデ死亡前回のラストで、生徒たちに攻撃を仕掛けた柳沢二代目死神

当然殺せんせーは盾となって守りに行きましたが、そのせいでついに被弾。

しかし流石は殺せんせーなだけあって、1発程度ではやられません。

ただ、卑怯な柳沢は、攻撃の手を休めることなく二代目に生徒を狙うように指示をします。

そして身代わりになる殺せんせー。

暗殺教室ネタバレ173話茅野カエデ死亡3「生徒を巻き添えにするな」と、柳沢に向かって叫ぶ烏間先生ですが、もはや烏間先生ですら蚊帳の外の戦い。柳沢に軽く吹っ飛ばされてしまいます。

生身の人間では柳沢にすら勝つことは出来ません。

殺せんせーの最大の弱点

渚は心の中で思います。

気付かないフリをしていたけど、殺せんせーの最大の弱点。それは・・・

暗殺教室ネタバレ173話茅野カエデ死亡④そう。生徒たち。

殺せんせーは否定しますが、まぎれもなく殺せんせーの弱点だと思います。

生徒を狙えば殺せんせーは簡単に殺せるでしょう。国家もそれだけは避けていましたが、柳沢は痛い所を容赦なく付いてきました。

ただ、だからといって、生徒たちの存在を否定するのは違うと思います。

生徒たちがいなかったら、雪村先生がいなかったら殺せんせーはもっと早くに暴走して地球を破壊していたでしょう。生徒たちと殺せんせーが出会わなかったら、E組は一生エンドのE組のままでした。

確かに弱点ではあるけれど、生徒たちがいなかったらここまで幸せな気持ちにはなれていなかったでしょう。

茅野カエデ死亡

生徒を守るのは教師の義務。しかし、柳沢はその義務を破壊しようと躍起です。

暗殺教室ネタバレ173話茅野カエデ死亡5殺せんせーを殺し、生徒たちも全員殺すと言い放つ柳沢。ホントこいつなんなんですかね。

「我々の人生を破壊したのはお前」と、完全に逆恨みです。自分の屑っぷりさに目を逸らし続けた結果がこれです。

暗殺教室ネタバレ173話茅野カエデ死亡6そんな中、急に飛び出す茅野カエデ

いやいやいや、完全に足手まといなの気付こうよ・・・。

相手はマッハ40のバケモノですよ。魔法でも使えない限り物理的に無理でしょ。理屈じゃないとは言っても、殺せんせーに迷惑をかけたくないでしょ普通・・・。

暗殺教室ネタバレ173話茅野カエデ死亡7と思ったら1発かわしました(笑)

え、動体視力良すぎ!!

野球の160キロのストレートすらめちゃくちゃ早いのに、それとは比較にならないスピードの攻撃をいなすとか人間じゃない。笑

あ、だからこの次元の違う戦闘に入っていってしまったのか。

カルマや渚でさえ、足手まといになるから大人しくしていますから、もしかしてこの動体視力が原因だったのでしょうか。

茅野自身は、自分のせいでクラスの楽しい時間を奪ってしまったことを後悔していたようです。

そんなこと関係なく、みんなずっと楽しい時間を過ごしていた気がするんですけどね。

とまあ、散々な死亡フラグを唐突に出しまくり、最後には無残な一撃を喰らってしまいます。

暗殺教室ネタバレ173話茅野カエデ死亡8え・・・嘘でしょ・・・。

女の子を容赦なく殺す柳沢と二代目死神、許せません!!!

殺せんせーも、何かのリミッターが外れたかのように、

ゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・

と、黒いオーラを出し始めました。

これはヤバい。殺せんせーが暴走してしまうのでは!?暗殺教室ネタバレ173話茅野カエデ死亡9

おわりに

今までの記事で、「もしかして誰か死ぬのではないか。生徒が死ぬような展開もあるのでは?」みたい予想を散々書いてきましたが、まさか本当に死ぬとは・・・。

しかも、茅野カエデが犠牲になるなんて悲し過ぎる!!

渚とのハッピーエンドはどうしたんだよ松井先生!!!!

しかも死に方がエグイ。

ネウロで笹塚刑事が死んだ時よりもエグイ。

なんかとってもやるせない気持ちになってしましましたが、『暗殺教室』はもうちょっとだけ続くんじゃ!

⇒『暗殺教室』過去ログはこちら

Sponsored Link