Sponsored Link

『暗殺教室』168話ネタバレ感想(画バレ)です。

今回の漫画『暗殺教室』168話「開花の時間」では、裏山でのE組VSホウジョウの傭兵集団の回でした。

戦況はE組が優勢ですが、神兵・ホウジョウがまだ本気を出していません。

果たして生徒たちは無事に殺せんせーのもとへたどり着けるのでしょうか。

今週号の『暗殺教室』168話を振り返ってみましょう。

スポンサードリンク

e組vs傭兵部隊

一人一人がかなりの戦闘力を誇る傭兵部隊。

こりゃE組の生徒たちはかなり苦戦、下手したら誰かノックアウトされてしまうんじゃないかと思っていましたが、どうやら彼ら(生徒たち)を甘く見ていました。

なんと、連携を駆使して傭兵たちを圧倒。

暗殺教室ネタバレ168話2奇襲と狙撃をメインに、次々と傭兵たちを撃破していきます。狙撃手の二人は本当の殺し屋みたいですね。レベル高い!

暗殺教室ネタバレ168話3暗殺教室ネタバレ168話4

毎日この山で殺せんせーと遊び、学んできた生徒たち。
この山での戦闘に限って言えば、彼らは最高の暗殺集団なのです。

しかも、烏間先生が傭兵たちに対して油断させるようなことを言いふらしていたようです。笑
そうなると、奇襲に弱いです。

ちなみに、烏間先生ビッチ先生も殺せんせーのところへ向かう許可を司令官にもらえましたので、時期にお見えになることでしょう。
今回も司令官の名前を聞くことが出来ませんでした(笑)完全なモブキャラです(笑)

暗殺教室ネタバレ168話5も闇に隠れて傭兵を撃破。てかいつどこでスタンガン手に入れたんだ。笑

ホウジョウ、動く

暗殺教室ネタバレ168話6傭兵たちを次々と倒していきますが、ついにこの男が登場。

そう、伝説の傭兵と言われるホウジョウです。

動きが一人違いすぎます。

暗殺教室ネタバレ168話7烏間先生も、ホウジョウ以外は何とかなると予想しているみたいですが、ホウジョウだけはヤバいと考えているみたいです。

「これより・・・本当の私を教授しよう」

恐ろし過ぎ!!

しかも、なんで黒目がないんですかね。完全に狂人。

これは生徒が束になってかかっても勝てるかどうかわかりません。

というか、勝てたとしてもかなりの被害を受けそうです。一人の生徒も欠けてはいけませんので、どう戦うのでしょうか。渚もホウジョウのド派手な登場に、冷や汗を垂らしていますし。

・・・・・・

・・・・・・

はい。私、気付いてしまいました。

先ほどのホウジョウの登場シーンの真ん中左に注目。

暗殺教室ネタバレ168話8そう、カルマです。

生徒たちが冷や汗を垂らしている中、カルマだけ表情が描かれていません。
これは、ビビっていないと読み取ることが出来ます。

しかも、今まで指示を出していただけで体力はバッチリ温存。一度ホウジョウと対峙したカルマですから、完全に格上のホウジョウを倒さなければならないことは誰よりもわかっているハズ。

これは、カルマが美味しいところを持って行くんじゃないかと予想しています。
この場にはいない人間であれば奇襲をかけられますからね。

おわりに

『暗殺教室』168話、いかがでしたか?

今回は戦闘シーンばかりであっという間に終わってしまいましたね。

それでも物語を進めるのには大事な回。

傭兵たち&ホウジョウをどうにかしないと先には進めませんからね。

個人的に、思ったよりもあっさり傭兵たちを倒したなあという感想です。まあ、ここでいちいち細かく戦闘を描いていたらテンポが悪くなりますからね。

『暗殺教室』はテンポが早いので助かりますね。テンポが遅い漫画だと、本当にペラペラとめくって終了ですからね。読むというより、眺めるです(笑)

さて、次回は恐らくはホウジョウとの戦闘になると思います。

私が予想しているのは、渚が時間を稼ぎ、カルマの奇襲で討ち取るという展開です。

あのカルマの描かれ方からすると、何かしらの策はあるんじゃないかと思っています。

ただ、相手のホウジョウは烏間先生よりも強いですからどうなるかはわかりません。

生徒たちが1人も欠けることなく殺せんせーのもとにたどり着くことを祈っています。

⇒『暗殺教室』の記事一覧はこちら。毎週更新しています!

Sponsored Link