Sponsored Link

『暗殺教室』164話ネタバレ感想(画バレ)です。

今回の『暗殺教室』164話「混乱の時間」では、各国政府による殺せんせーの暗殺が始まります。

殺せんせーはこれ以上ない絶体絶命な状況に陥ります。果たしてこれをどう切り抜けるのでしょうか?

そして謎の男・ホウジョウの不気味な笑みの真意とは!?

さっそく今週号の『暗殺教室』164話を振り返ってみましょう!

スポンサードリンク

天の矛

暗殺教室ネタバレ163話感想殺せんせー死亡7前回、殺せんせーだけがE組校舎に残っていたところ、各国政府の奇襲が始まりました。

なんと、校舎を丸飲みするレーザー光線です。

校舎ごと木っ端微塵かと思いきや、対殺せんせー用透過レーザー「天の矛」の凄いところは、殺せんせー以外に誰も傷つかないところです。
リクガメベースの反物質生物をエネルギー源として、宇宙から巨大レーザーを発射するというものです。

あらゆる障害物を透過して、殺せんせーのみを溶かすという最恐兵器。

しかし。

暗殺教室ネタバレ164話感想2これを避けることが出来るからこそ最強生物なのです。圧倒的才能の元殺し屋、それが殺せんせーの核。殺気に気付いたんですかね。

ただ、各国政府は避けることも想定済み。

暗殺教室ネタバレ164話感想3今度は通称「地の盾」を展開し、山全体をレーザーで包囲します。当然、地下も同じように対策済みです。ワンピースのドフラミンゴの鳥カゴみたいな感じですね。

世界が一篇

暗殺教室ネタバレ164話感想4E組の生徒たちは異変に気が付きます。しかし、烏間先生からは自宅待機の命令が。

山に繋がる道は装甲車両が封鎖し、「地の盾」のマンションレーザーは要塞のように生まれ変わり、軍隊が配備されています。

もちろん、E組校舎周辺は通信不能。殺せんせーと連絡を取ることも出来ません。

もはやなす術無し・・・。

暗殺教室ネタバレ164話感想6そうです。これが大人のコワさです。

組織の恐ろしさです。

これが人間の知恵です。

E組の生徒たちは確かにこの1年間で力を身に付けました。しかし、世界政府にとってみればまだまだ単なる子供。生徒たちの知らないところで、物凄く大きな組織が動いていたのです!

ホウジョウの怪しさ

暗殺教室ネタバレ164話感想5「天の矛」レーザーは、フルパワーで打つとバレバレらしいんですよね。月よりもビカビカ輝いてしまうらしいです。

ですから、冒頭の1発目は20%のエネルギー。

そして「地の盾」で包囲し、そうなったところで今度は100%のレーザーをぶち込む作戦のようです。エネルギーを溜めるため、発射は殺せんせー暗殺期限の前日に設定されました。つまり6日後ということですかね。

一般人にも報道が知れ渡り、すっかり殺せんせーは悪者扱いです。

ただ、気になるのがホウジョウの顔。

暗殺教室ネタバレ164話感想8いやお前怪し過ぎるだろ!!!!!

不穏分子の対策って言ってますけど、ここでいう不穏分子って一体だれのことでしょうか。

E組の生徒たち、はたまたシロと二代目死神でしょうか?

この怪しい顔を見ちゃうと、ホウジョウも十分不穏分子なんですが、今後は三つ巴の戦いとなるのでしょうか。

おわりに

『暗殺教室』164話、いかがでしたか?

各国政府による周到な準備による殺せんせーの討伐が始まりました。

今回紹介された兵器や作戦だけ見ると、明らかに殺せんせーは死ぬしかない状況です。

しかし、それでは漫画的に白けてしまうので、おそらくは脱出出来るのでしょうが、果たしてどうやって脱出するのでしょう。

それと、気になるのはホウジョウシロ&二代目死神

時間軸的に、この両者がバラバラに戦いを挑んでくるとは思えなくなってきました。

なにせ、フルパワーのレーザーの発射が期限の前日ですからね。

ということは、やはり三つ巴の戦いになるのでしょうか。そうなったらワクワクハラハラで面白そうですね。

次回が非常に気になる展開です。

次回もお楽しみに!

ps:⇒次・165話ネタバレはこちら。ホウジョウが動きます!!

Sponsored Link