Sponsored Link

『暗殺教室』156話ネタバレ感想(画バレ)です。

今回の『暗殺教室』156話では、第一志望に落ちた竹林君を、殺せんせーがおもちゃにするギャグ回です。笑

殺せんせーが、「落ちる」とか「滑る」関連をする者にはとある制裁を加えます。

果たしてその制裁とは!?

さっそく今週号の『暗殺教室』156話を振り返ってみましょう!

スポンサードリンク

受験終了

 

暗殺教室ネタバレ156感想画バレ2前回の155話では、今週の156話で受験中の戦いが描かれるかと予想していたのですが、冒頭からの合否の結果が。

渚の場合は補欠合格で、なんとも言い難い心境です。

それを見て煽る本校舎の生徒たち。エスカレーターで受験の厳しさを知らない連中のお出ましです。

暗殺教室ネタバレ156感想画バレ3そこに現れるカルマ。

「これから3年よろしくね」

と完全に悪い顔をしています(笑)これには本校舎二人もタジタジ。

そう、カルマ椚ヶ丘高校の外部入試にあっさり合格していました。

暗殺教室ネタバレ156話感想画バレさて、教室に場面が移りますが、そこには魂が抜けた竹林君の姿が!!

どうやら第一志望の国内最難関高校に落ちてしまったみたいです。

殺せんせーが必死に盛り上げますが、完全に煽っているだけで逆効果(笑)

リオのカーニバルの格好とか、ふざけてますよね(笑)でも笑った(笑)

殺せんせーの制裁は?

暗殺教室ネタバレ156感想画バレ4「落ちるとか滑るって言っちゃダメ!!!

竹林君が傷つくでしょう!!今後一切禁止します!!」

と、超大声で言い出す殺せんせー。竹林君がかわいそうですww

受験生へのヘイト発言をする者には七三分けの刑にすると脅し始めます。男女差別は一切しない模様。

さっそく自分が「滑らか」という発言をしてしまいますが、ごまかす為に三村君に最近のドラマの話を振ります。

すると、真田幸村の浪人時代の話をし始める三村君(笑)

暗殺教室ネタバレ156感想画バレ6次に、倉橋さんに天気の話をさせますが、雪が積もる発言をしてしまい七三分けにされてしまいます。

女子でも容赦しないのが殺せんせー。恐ろしい・・・。暗殺教室ネタバレ156感想画バレ5

一方自分はすべらない話をすると言い出すものの、E組の生徒たちに「オチ」という言葉を使わせる為に、つまらない話をするのでした。笑

殺せんせー、クズすぎますww

殺せんせーの受験への見解

我慢の限界に達した生徒たち。

もちろん一番キレているのは竹林君です。

マシンガンを持ち出してきて殺せんせーを殺しにかかります。

それをきっかけに、クラス全員で殺せんせーの暗殺を開始。

落とし穴を用いたり、全員でのマシンガン祭りを浴びせます。

すると、

「お祭りなんですよ受験なんて!!!」

とついに本音を言い出す殺せんせー

竹林君に、「2本目の刃でも勝負出来るでしょう!」とキレ気味に言います。

それに対して竹林君も開き直り、医者になるという夢を再び追う決意をします。

ついでに殺せんせーは、補欠合格のにもアドバイスをします。

渚の受けた高校は併願者が多く、辞退者も多いからほぼ確実に繰り上がると断言します。

そうは言いますが、

暗殺教室ネタバレ156感想画バレ7「どの川に棲んだかではなくて棲んだ川でどう泳いだか」

を重んじるのが殺せんせーです。

受験なんて、ただの通過点なんです。ゴールでなくスタート。これ、大事!

高校の3年間で人生が終わるワケではありませんからね。どんな高校に行こうと努力を怠ればあっという間に人生どん底です。

おわりに

『暗殺教室』156話、いかがでしたか?

今週でE組の生徒たちは全員、滑り止め以上の高校の合格を手にしました。竹林君も前を向けて良かったです。

これであとは卒業に向けてラストスパートの暗殺をするだけですね。

卒業まであと26日です。本当に残されて時間はあと少し・・・。


 

PS:最後のオチはビッチ先生がNGワード連発で持って行きました(笑)

暗殺教室ネタバレ156感想画バレ8もちろん七三分けです。笑
見たい方はジャンプか単行本を買って読んでください(笑)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


 

⇒ 次:157話ネタバレはこちら(クライマックスに向けて闇が動き出します・・・。)

Sponsored Link