Sponsored Link

僕だけがいない街3話感想考察です。

1話と2話を観ていない方はネタバレ注意!

今回の『僕だけがいない街3話では、雛月が失踪した日(Xデー=雛月の誕生日よりも前)を知るために、悟が奔走する回となっています。

やっとのことで担任の八代から雛月の誕生日を聞き出し、様子を見に雛月の家に訪れる悟。

しかし、悟が目にした光景は・・・・・・。

さて、さっそく『僕だけがいない街』の第3話を振り返ってみましょう。

スポンサードリンク

ネタバレと感想

1988年にリバイバルしたということは、母親の佐知子が殺された原因はこの時代にあると推測出来ます。

その中でも最も違和感を感じるのが、クラスメイトの雛月加代という存在。この時代に雛月は誘拐殺人の被害者となってしまうのです。雛月を助け出すことが事件の鍵になることは恐らく間違いないでしょう。

雛月が失踪した日を突き止めようとする悟。

僕だけがいない街3話感想考察18年前、雛月は3月に殺されました。

記事で発表されていた被害者3人の年齢で、雛月だけまだ10歳だったことに悟は気が付きます。

つまり、3月から雛月の誕生日までのどこかが事件のXデーです。

悟は直接雛月に聞きに行きますが、「私には嘘付かないんじゃなかったの?」と冷たくあしらわれてしまいます。

僕だけがいない街3話感想考察2というのも、体育のスピードスケートの時間、雛月は悟のことを応援していたものの悟はゴール直前で手を抜いてしまったのです。雛月は悟が浜田にゴールを譲ったことに気が付いていました。

これには浜田(全国優勝するようなアイスホッケー部のレギュラー)も激怒していましたよね。

僕だけがいない街3話感想考察5ちなみに、18年前も同じことをした模様。笑

僕だけがいない街3話感想考察6ちなみに、この時の悟をただただじーっと見つめるケンヤ
お前の目には何が映っている・・・!?

雛月にあしらわれてしまった悟は、職員室に忍び込みます。

が、担任の八代に見つかってしまいます。

うーむ、この登場の仕方、本当に怪しいですねえ。
そして観察力が凄い。当時29歳前後の八代先生ですが、18年後の現代では大体46歳くらい。教師を続けているのでしょうか。

僕だけがいない街3話感想考察7「雛月の誕生日が知りたくてつい・・・」と素直に謝る悟。

すると、八代先生はあっさり雛月の誕生日を公開してくれました。

僕だけがいない街3話感想考察8すると、雛月の誕生日は実は悟と同じ3月2日!!
雛月は、悟の誕生パーティに呼ばれてしまっていたために、後から「自分も」、とは言いづらかったのでしょう。

ということは、Xデーは必然的に3月1日ということが判明しました!!

さっそく公園に向かいますが、雛月はいませんでした。

その代わり、公園にいたのはユーキさん

ユーキさんの家にお邪魔した悟は、初めてユーキさんの職業や言動の特徴に気付きます。
ユーキさんのエロ本も。笑

ちなみに現代でのユーキさんは確定死刑囚。一貫して無実を主張していますが、信じてもらえず。ちなみに悟だけは絶対に違うと信じています。

僕だけがいない街3話感想考察9ユーキさんの家から、次は雛月の家に向かいます。

するとそこには。

僕だけがいない街3話感想考察10なんということだ!!!!!!!!!!

僕だけがいない街3話感想考察3そして母親のクズっぷりが尋常じゃない!見ていて非常にイライラしましたね。
子供にあれだけの痣を作るなんて、母親失格です。いや、人間失格です。
ちなみに、父親もチャラいクズ人間。なんて家庭だ!許せん!!

翌週の月曜、雛月は遅刻してきます。痣を残したまま・・・。

そして、追い打ちをかけるように、同じクラスのませたガキンチョ・みさとからの陰湿な嫌がらせに遭う雛月。僕だけがいない街3話感想考察11悟とケンヤが庇ったことで、給食費泥棒事件は何事もなく終わりました。

放課後、その件でお礼を言う雛月。

そして悟の誘いで、山の上のクリスマスツリーを見に行きます。

僕だけがいない街3話感想考察13はい、リア充ですね!それにしても、こんなクリスマスツリーを見せてあげるなんて、ロマンチックなことをしますね!現代の悟はどうしてあんな冴えない男になってしまったのか・・・・。

これには雛月もとびきりの笑顔に。

この笑顔を守ってくれ、悟よ!!!

考察

今回の『僕だけがいない街』第3話で気になったところを考察してみましょう。

まず、Xデーについて。

今回、雛月が失踪する日が3月1日と判明しました。

悟と雛月の誕生日の前日です。それが分かったのが2月19日、3話最後のデートが月曜日の2月22日です。あと1週間で事件が起こります。

アニメのこのペース的に、雛月の失踪を防ぐことは出来ないのかなあなんて思い始めました。雛月が18年前同様に殺されてしまって、その後の推理やら何やらで残りの放送をしていくのでしょうか。

ちなみに、3月1日は月曜日。今回、土曜日が雛月の母親が雛月を殴る曜日で、月曜日は雛月は遅刻してくるというシーンがありました。3月1日が月曜日、これは非常に重要な情報であると思いますね。例えば、3月1日と見せかけて2月27日の土曜日に事件は起きていたとか・・・。(月曜日、雛月は学校を欠席と仮定。)

次に、雛月の虐待と誘拐殺人について。

雛月の虐待は、まぎれもなく事実。このことが事件に関係してくるのでしょうか。

もしかして、雛月を殺したのは雛月の両親・・・!?

雪の中から死体が発見されたということは、雪の降る3月1日、あの物置で雛月を凍死させた両親がゴミ捨て場に死体を移動させたとか・・・???

そして最後の八代とケンヤのいかにも怪し気なシーン。

僕だけがいない街3話感想考察14八代とケンヤの共犯説を唱える人もいますが、個人的には正義感の強いケンヤが八代に何らかの相談をしているとか、まあそんなところでしょう。後でこの二人が何をしていたのかネタ晴らししてくれると思います。

ただ、そうすることで二人への疑念は薄れますよね。個人的には、八代を容疑者から外すことはないですけど。怪しいので。

おわりに

今回は、物語における大きな動きはありませんでした。

しかし、Xデーが判明したのと、雛月の虐待、そして雛月との素晴らしいひと時を観れたので内容としては十分でした。

まだまだ犯人を絞るには情報不足なのですが、これからどんな手がかりや伏線がばらまかれていくのでしょうか。

今回の雛月の笑顔に、なんだか胸が痛くなったのは私だけでしょうか。

残り1週間、悟にはなんとしても雛月を守り抜いて欲しいです。

 

 

 

 

 

 

 

考察

Sponsored Link