Sponsored Link

漫画『ワールドトリガー』に登場するB級2位影浦隊

そんな影浦隊隊長・影浦雅人ってどんなキャラか調べている人が多いようです。

元A級とも言われていますし、影浦雅人にはとあるサイドエフェクトもあります。

そんな影浦雅人ってどんなキャラなのでしょうか。おさらいしてみましょう!

ワールドトリガー』単行本派やアニメ派の方はネタバレ注意!

スポンサードリンク

B級2位影浦隊とは?

ワールドトリガー影浦隊影浦雅人とは2影浦隊は、A級6位まで上がったことのあるチームです。あの三輪隊よりも上なんですね。

B級1位の二宮隊と並んで不動のB級2トップと言われています。エンブレムは牙

構成メンバーは、

  • 隊長 兼 攻撃手:影浦雅人(18)
  • 狙撃手:絵馬ユズル(14)
  • 銃手:北添尋(18)
  • オペレーター:仁礼光(17)

となっています。接近戦から長距離戦までそれぞれが担当できるバランスの良い編成となっています。

かなり攻撃に偏った戦法を取り、B級ランク戦でもその強気なスタイルが幾度となく見て取れました。

ちなみになぜB級2位にいるのかと言うと、隊長の影浦雅人隊務規定違反を犯して8000点の個人ポイントを没収されているんですよね。ですから、そんな奴がいる隊をA級には上げられないという本部の判断だと思います(笑)

隊長の影浦雅人とは?

ワールドトリガー影浦隊影浦雅人とは攻撃手の個人ランキングは、

  1. 太刀川
  2. 風間
  3. 村上鋼

という風になっています。攻撃手個人4位村上鋼曰く、「太刀川さん風間さん玉狛の小南、そして影浦雅人には勝ち越せていない」ということらしいです。

本来であれば個人3位以上の実力があるみたいですが、隊務規定違反で8000点没収されていますので、現在は20位くらいなんだそうです(笑)そういうところがワールドトリガーの面白いところでもありますよね。

ワールドトリガー影浦隊影浦雅人とは3暴力沙汰らしく、かなりキレやすいタイプの危険人物です。

ワールドトリガー影浦隊影浦雅人とは4初登場時も、陰口を言っていた隊員におしおきの攻撃を仕掛けています(笑)

多分このせいでさらに2000点没収されたみたいです(笑)ランク戦では減点が10000ポイントに増えていましたからね。影浦雅人は本来ならばスコーピオンで14780ポイントの超実力者です。

ワールドトリガー影浦隊影浦雅人とは7そして、遊真が影浦を挑発して情報収集しようとした際は、それに気付いておとなしく帰っていきました。

「Aに上がりたきゃ、俺らに勝ってから行くんだなチビ」

ワールドトリガー影浦隊影浦雅人とは5これは有能なB級の門番です。影浦はA級に興味はありませんので、ランク戦は楽しいか楽しくないかで適当に戦っていることが伺えます。

A級に上がるなら影浦隊を倒すことが必須です。A級の登竜門ですね。二宮隊と並んで別格の強さです。

ランク戦での影浦

ワールドトリガー影浦隊影浦雅人とは9ランク戦での影浦は、やっぱり自己中心的な戦い方をしています。

影浦隊の隊員のゾエさん絵馬が、個人総合2位の二宮隊長に襲われているのにもかかわらず、隊長の影浦雅人は遊真にしか興味がない様子。

途中で東隊や二宮隊の隊員を倒しますが、遊真と戦うためって感じがモロに出ていました(笑)

また、ワールドトリガー影浦隊影浦雅人とは6影浦雅人には、「感情受信体質」というサイドエフェクトがあります。これは、自分に向けられた様々な感情を無意識にキャッチしてしまうというものです。

これのおかげで、自分への陰口が無意識に刺さり、イライラして暴力沙汰を起こしてしまうみたいなんですね。

しかし、これは戦闘ではかなり強力なサイドエフェクトです。

ワールドトリガー影浦隊影浦雅人とは8自分に向けられた殺気がわかりますので、不意打ちや狙撃は通用しないんだそうです。

これがあるおかげで、元A級1位隊長のスナイパーである東さんを気にせずに遊真を追っかけまわせていたんですね。

結局、影浦を抑えられるのは二宮隊長だけと解説に言われていました。ワールドトリガー影浦隊影浦雅人とは10原作では、二宮隊長と戦うことはありませんでしたけどね。

まとめ

いかがでしたか?

B級2位影浦隊の隊長・影浦雅人について、原作の描写は一通り拾えていると思います。

影浦隊は元A級6位で、影浦隊長はアタッカー4位の村上鋼よりも強いということで、今後の登場がますます楽しみですよね。

原作のB級ランク戦では、影浦の本気が見れないまま終わってしまいましたからね。

また村上鋼曰く、遊真とどことなく似ていて、きっと仲良くなれると思うと言われていました。

次に遊真と絡む機会があった時は要チェックです!

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link