Sponsored Link

【僕のヒーローアカデミア】「ヒロアカ」ネタバレ感想3話です。

ヒロアカ第3話では、ついに雄英高校ヒーロー科の入試が始まります。

なんと倍率はおよそ300倍!

オールマイトエンデヴァーベストジーニストなどの偉大なる雄英卒業生が多数存在しているこの名門高校。

果たしてデクは無事に雄英高校ヒーロー科に合格することが出来るのか!?

”Plus Ultra”(さらに向こうへ)

さあ、さっそくヒロアカ第3話をチェックです!

スポンサードリンク

ヒロイン登場

ヒロアカ3話感想ネタバレ2月26日、オールマイトとの早朝の訓練を終え、大急ぎで帰ってシャワーを浴びて荷物をまとめて「雄英」一般入試に挑むデク。

結局オールマイトから授かった力を試す時間はないままの本番。不安です。

正門で突っ立ているデクの前に、幼馴染の爆豪勝己(=かっちゃん)の姿が。

「俺の前に立つな殺すぞ」

と、ヒーローに似つかわしくない言葉を吐き捨てるかっちゃんですが、ヴィランに捕まった事件以来、デクに何かしてくることはありませんでした。

気を取り直し、再び雄英への第一歩を踏み出そうとするデク。しかし相変わらず残念な主人公のデクで、一歩目から転びそうになります。

その時、デクの身体がフワッと浮き上がりました。

麗日お茶子の登場です。

この時、名前はまだ明かされませんでしたが、この素朴で明るい子がヒロインです。

ヒロアカ3話ネタバレ感想デクこれだけで勘違いしちゃうデクは、ほんと根暗なんでしょうね・・・(笑)

雄英高校入試

ヒロアカ3話ネタバレ感想ボイスヒーローのプレゼント・マイクが司会として登場します。これにはデクも感動。

入試の内容は筆記試験に加えて、10分間の模擬市街地演習です。3種類の仮想敵+ただの邪魔者敵がウヨウヨする市街地の中で、その3種類の敵を倒してポイントを稼ぐのが入試内容となります。

もちろん、攻略難易度によってポイントには差があるというワケですね。

ここで、飯田天哉が登場します。

ボソボソと私語をしていたデクは飯田に注意されます。

スタート前も、麗日お茶子に話しかけようとするデクを注意する飯田。コイツどんだけ真面目なんだ・・・!!笑

そんなやりとりをしている間に、すでにスタートの合図が・・・。実践ではカウントダウンなどありませんからね。唐突にスタートです。ヒロアカ3話ネタバレ感想

ヒーローの資質

情報力、機動力、判断力、戦闘力が必要なこの試験。

オールマイトに「ワン・フォー・オール」を貰ったばかりのデクは、個性を使いこなせません。
しかも、仮想敵を前にしてビビりだす始末。

本当に情けない・・・。

飯田やお茶子、かっちゃんらが着々とポイントを積み重ねていく中、デクは一人0ポイントのままでした。

しかも、そこに「4種類目のお邪魔虫仮想敵」が登場。圧倒的な存在感に、逃げながらポイントを取ることを余儀なくされる受験者たち。

当然デクも泣きながら逃げようとします。

しかし。

ヒロアカ3話ネタバレ感想ヒロインのピンチ!!!!!!

これを見たデクは、一目散に走りだします。飯田も止めるのですが、まったく聞こえてないデク。これは1話でかっちゃんを助けに飛び出した時とまったく同じですね。
こういうヒーローとして本来あるべき姿を見て、オールマイトはデクに「ワン・フォー・オール」を渡したのですね。

ヒロアカ3話ネタバレ感想残り1分5秒。

自身のポイントを顧みず、身体がバキバキになろうとも、困っている人・ピンチな人を助けに行ってしまうのがデクの良いところ。

新しく手に入れた”個性”をここで使います。

スマッシュ!!!!

圧倒的な存在の仮想敵を粉砕します。

かっこいいぞデク!!

おわりに

『僕のヒーローアカデミア』第3話、いかがでしたか?

今回は雄英高校の試験が始まりました。

それと同時に麗日お茶子というヒロインが登場し、デクはそのヒロインを助け出すというアツイ展開でした。

残り1分でポイントはゼロのままでしたが、このあとどうなってしまうのでしょうか。

次回も要チェックです!


PS:⇒第4話ネタバレ感想はこちら

Sponsored Link