Sponsored Link

アニメ『ダンガンロンパ3』の未来編7を振り返ってみて、感想考察を書いていきます。

見逃している伏線とかもあれば、そこも再チェックしていきたいと思います。

未来編第7話では、モナカの口から、”苗木のせいで1作目の生き残りの誰かが死ぬ”という予言を聞くことで、物語に一気に緊張感が出てきた感じですね。

その他は、苗木こまる腐川冬子のコンビが活躍する、「絶対絶望少女」ファンへのサービス回だったと言えるでしょう。

それではさっそく、『ダンガンロンパ3未来編7話感想考察を書いていきます。

スポンサードリンク

塔和シティサイド

ダンガンロンパ3未来編7話感想考察江ノ島盾子の後継者を自称する塔和モナカ。2代目江ノ島として、苗木を絶望に追い込むことを目的としているようです。「絶望が希望なんかに負けちゃった!すっごく悲しいよ」と言っているので、モナカは絶望サイドの人間です。

そして、ノリが軽い(笑)

ダンガンロンパ3未来編7話感想考察2そんな中、新月渚がモナカを止めようと、苗木こまるにモナカの現状について連絡を入れます。新月は、周囲から常に社会のエリートになることを期待されていた人物で、「絶対絶望少女」に登場するキャラですね。ダンガンロンパ3未来編7話感想考察4希望の戦士と呼ばれたかつての仲間、塔和モナカを止めようとしています。街はずれのビルを大幅改装して潜伏。その周りはモノクマがガード。

ダンガンロンパ3未来編7話感想考察3他の元小学生級のメンバーも新月のもとに集まっているようです。

そんな新月のお願いを受けたこまると腐川は、モナカのもとへ突き進みます。

あ、ジェノサイダー翔さん久しぶりですね(笑)翔さんになってもこまると仲が良いのは観ていて微笑ましいですね!

ダンガンロンパ3未来編7話感想考察5くしゃみで腐川に戻りますが、今度は妄想開始。ちび〇る子ちゃんのパロディであったり、十神のビン〇ン物語だったり、これ、大丈夫ですかね(笑)

vsモナカ

こまると腐川は、「息が臭いの?」というお決まりのやり取りをしつつも、モナカのもとへたどり着きます。

構える2人ですが、モナカはあっさり降参(笑)

ダンガンロンパ3未来編7話感想考察6自分のビルをぶっ壊し始めます。そして、プライベートルームでニート生活を開始。笑

もうなんか色々有りですね。

そして新たなる事実が判明。

  • 未来機関の襲撃者とは無関係
  • 苗木を近くで見てみたかった
  • 朝日奈さんを殺したふりはモナカの仕業
  • 月光ヶ原さんを殺したのはモナカ
  • 狛枝がモナカの兄
  • 狛枝のせいで、モナカは絶望や希望を主張するのは馬鹿らしくなった
  • 苗木のせいで、1作目の生き残りが死ぬ
  • 地球が面倒くさいので、宇宙でニートになってくる予定

苗木のせいで1作目の誰かを死なせる、というのは恐ろしいですね。もしも霧切さんが死んだら悲しみます・・・。

モナカはそのまま宇宙に向かいますが、ジェノサイダー翔さんは追いかけようとし、こまるは止めようとします。そして、上空から大ジャンプ!!!!

無事モノクマを使って着陸し、なんとか無事で済みます。

ダンガンロンパ3未来編7話感想考察7

女の友情、サービスですねえ。笑

苗木サイド

月光ヶ原さんを通じて、こまるが苗木にコンタクトを取ります。

こまるの声を聞いて、とてもうれしそうな声の苗木(笑)

しかし、「苗木のせいで誰かが死ぬ」と言うことを聞き、焦る苗木。

なんか宗方さんがただの殺人鬼になっているので、宗方さんに殺されるという展開かもしれません。とにかく霧切さんは殺さないでくれ・・・!!!

とまあ今回は伏線らしい伏線も見当たらなかったので、絶対絶望少女ファン向けのサービス回だったと捉えます。こまるのパンチラとかもサービスですね。笑

ではでは、8話に続きます。

 

Sponsored Link