Sponsored Link

アニメ『ダンガンロンパ3』の未来編2話を振り返ってみて、感想考察を書いていきます。

見逃している伏線とかもあれば、そこも再チェックしていきたいと思います。

未来編第2話では、再び起こってしまった殺し合いゲームのルール発表、そして新たなる犠牲者が増えて行きます。

果たして襲撃者の正体とは・・・!?

さっそく、『ダンガンロンパ3未来編2話感想考察を書いていきます。

スポンサードリンク

殺し合いルール

  • ルール①:タイムリミット:バンクルに表示されているタイムリミットが来ると催眠薬が注射される
  • ルール②:全員が寝ている間に襲撃者が目覚めて、タイムリミット1回につき1人殺す
  • ルール③:NG行動:各自1つずつNG行動がある。破ると致死量の毒が注射される

無理矢理バングルを外そうとしても毒を注射されてしまいます。以上がルール。

そして、このゲームの一部始終は全国中継されているとのこと。まさに1作目と全く同じ状況です。

手がかりと2人目の犠牲者

ダンガンロンパ3未来編2話感想考察伏伏線2ここで月光ヶ原さんの紹介。「新世界プログラム」を作った1人。モノクマによく似た「モノミ」を通じて話をします。極度の人見知りとのこと。

ちなみに、新世界プログラムとは、2作目のスーパーダンガンロンパ2の舞台の仮想空間のことです。

ダンガンロンパ3未来編2話感想考察伏伏線3ここで、霧切さんがこっそり手がかりを発見します。ドアにひっかき傷でしょうか。これは一体・・・?

そして、またもや逆蔵の暴力開始!こいつ本当に脳筋過ぎやしませんかね・・・。

ダンガンロンパ3未来編2話感想考察伏伏線4そして、「参加者の暴力を目撃する」という超絶不可避NG行動の万代さんが、左目から血を流しながら死亡!!!!

宗方の主張

方針を決めようと言い出す宗方。投票で怪しい人を1人選ぼうといい、案の定苗木に票が集まります。

これには賛否両論の声。

グレート・ゴズさんや月光ヶ原さんは身体を張って助けてくれます。宗方と逆蔵は暴走気味ですね・・・。

「たとえどれだけ犠牲を生もうとも、俺は絶望を1人として逃さない。俺はそうアイツ(雪染)に誓ったんだ!」

今のところ1番怪しい宗方ですが、まさか雪染を犠牲にしたのではないでしょうね・・・?(汗)

そして、消火器をぶちまける霧切さん。但し、苗木と朝日奈さんには付いていきません。NG行動なのでしょうか?それとも現場をもう一度確認するため?

また、ここで苗木のNG行動が判明。それは、「廊下を走る」です。ですので、朝日奈さんがおんぶするという謎の構図。笑

ダンガンロンパ3未来編2話感想考察伏伏線5ゴズさんと月光ヶ原さんと共に逃げる朝日奈と苗木。

ここで宗方のNG行動が推測出来ますね。恐らくは、「ドアを開け閉めする」でしょう。追いかけるのを止めてしまいました。

ダンガンロンパ3未来編2話感想考察伏伏線6また、これは後の伏線ですが、月光ヶ原さんに触ろうとする朝日奈。それを避ける月光ヶ原さん。

場面は変わり、十六夜と流流歌。忌村のことを裏切者と推測します。「1度裏切った奴は何度でも裏切る」と話していることから、以前に何か一悶着あったようですね。

3人目の犠牲者

見つかりにくい場所に避難してきた4人。

そして迫るタイムリミットに怯える朝日奈さんと勇気づける苗木。

しかし・・・・。

ダンガンロンパ3未来編2話感想考察伏伏線7襲撃されたのは朝日奈さん!!!!!!!!

考察

今回の未来編第2話では、NG行動の示唆や、月光ヶ原さんや流流歌たちの因縁についての情報を得ることが出来ました。

どれも後の放送で回収されていく伏線なのですが、霧切さんが見つけたドアのひっかき傷については未だ不明です。

なぜドアにあのような傷があったのでしょうか。

いや、あれはひっかき傷というより、隠し扉の隙間・・・!?

だとすると、あの催眠ガスの弾を投げ入れたのは外部の人間なのでしょうか。

モノクマを操っている人物が1人と、内部の襲撃者が1人で、計2人の敵がいるということでしょうか。

3話以降を早くチェックしなければ・・・!!!

 

 

 

Sponsored Link