Sponsored Link

千葉大集団暴行(強姦)事件で新たに現場にいた30歳の医師が逮捕されました。

また、これを受けて県警は学生の名前も公表。

研修医師藤坂悠司容疑者。

学生の容疑者は吉元将也容疑者(23)、山田兼輔容疑者(22)、増田峰登容疑者(23)とのことです。

藤坂悠司容疑者は、現場にいた研修医師にも関わらず、事件に関与していた疑いがあるとのことです。

そんな藤崎悠司容疑者の所属していた病院はどこなのでしょう。

今回は藤崎容疑者がどこの病院に関わっていたか、また、この事件について思うことをつらつらと書いていこうと思います。

スポンサードリンク

新たに30歳の医師を逮捕

女性に集団で性的暴行を加えたなどとして、千葉大学医学部(千葉市中央区)の男子学生3人が集団強姦(ごうかん)致傷容疑で逮捕された事件で、千葉県警は5日、酒に酔った被害女性の体を触るなどしたとして、医師の藤坂悠司容疑者(30)=同区院内1丁目=を準強制わいせつ容疑で逮捕し、発表した。藤坂容疑者は学生3人を指導する研修医で、事件当日、3人が女性と酒を飲んだ店にいたという。

県警は、学生3人がいずれも同大医学部5年生の吉元将也(23)=同区亥鼻1丁目=、山田兼輔(22)=同区旭町=、増田峰登(23)=同区本町1丁目=の3容疑者であることも発表した。県警は3人を11月21日に逮捕したが、名前や逮捕容疑については共犯者の有無などの捜査に支障が生じる恐れがあるなどとして報道機関に発表していなかった。被害者も事件の公表を望んでおらず、被害者の特定につながる可能性があるとも説明していた。

発表によると、藤坂、吉元、山田の3容疑者は9月20日午後10時ごろ~21日午前0時半ごろ、千葉市内の飲食店で千葉県内の20代女性の体を触るなどのわいせつな行為をした疑いがある。また、学生3人は同月20日午後7時半ごろ~翌21日午前0時半ごろ、同店で女性に性的暴行を加え、さらに増田容疑者の自宅で同日午前5時ごろまでの間、女性に性的暴行を加えて軽傷を負わせた疑いがある。

学生3人は飲食店で酒に酔った女性を介抱するふりをして、周囲から見えないスペースに女性を連れ込み、性的暴行を加えた疑いがある。県警は、藤坂容疑者もこのとき、女性の体を無理やり触るなどした疑いが強いと判断した。

以前に、⇒こちらで事件について取り上げましたが、まさか現場にいた研修医師まで関わっている疑いがあるとは思っても見ませんでした。

この事件が報道された当時は、千葉県警は犯人の名前を公表してきませんでしたが、今回の医師の逮捕に合わせてようやく学生3人の名前を公表しました。

正直、遅すぎると思いますし、公表しなかった理由があまりにも世間の人から見て納得できるものではありませんでした。

結果的には公表しましたので、公表した通りかは定かでないにしろ理由があった、ということなのでしょう。

しかし、国民からの疑念を持たれると、国家権力として機能しなくなってきてしまいますので、やはり世間が納得できるような理由をきちんと説明して欲しかったです。

藤坂悠司容疑者の病院はどこか

「藤崎悠司」で検索してみると、金沢医科大学の6年生のタイトルのページや、船橋市のページ、そして千葉大学医学部附属病院がん情報サイトが出てきます。

1番怪しいのが、千葉大学附属病院がん情報サイトです。

まあ、千葉大暴行事件ですから、ほぼこれは当たりなんでしょうけどね。

ページを見てみると、食道・胃腸外科の研修修了生のところに「藤坂悠司」さんの名前が記載されています。

もちろん、同姓同名の可能性もありますが、もしも万が一(違うことを望みますが、)この藤崎さんが、藤崎悠司容疑者だった場合、仮にもガンに関わっているような人が飲食店で生徒と強姦なんて、最低最悪の低俗人間です。

事件について思うこと

ヒトの命を救うはずの正義の人間が、加害者になるなんて、あってはならないことだと思います。

なぜそんなことをしてしまったのでしょうか。

計画的犯行なのか、酔った勢いでの犯行なのかは分かりませんが、常識では考えられない行動ということに変わりありません。

犯行は居酒屋のトイレ?で行われ、その後は増田容疑者の自宅で行われた疑いがあるようです。

自宅での犯行は酔った勢いということはなく、飲み過ぎて酔っている女性を見ての犯行と思われます。

そんな野蛮な行為をして何になるのでしょうか。

もしも正式に犯行が確定した場合、きちんと罪を償い、二度と他人に害を加えない人間に更生してもらいたいものです。

Sponsored Link