Sponsored Link

千葉県船橋市にある中山競馬場は競馬ファンのみならず、子供連れでも楽しめる格好のスポットです。

中山競馬場のイルミネーションには毎年多くの子供連れの家族が訪れます。

2016年イルミネーションはいつ行われているのでしょうか。

今回は、中山競馬場の詳細について調べてみました!

スポンサードリンク

 

日本国内最大級!

中山競馬場の正門前広場にそびえ立つ高さ20Mのヒマラヤスギ。

このヒマラヤスギのイルミネーションは生きた樹木のクリスマスツリーとしては国内で一番大きいとされています。

その他にもプロジェクションマッピングを駆使した最先端の光と音の演出や、小学生以下の子供と同伴保護者のみしか乗れないスターライトとレインなど、楽しめる内容がたくさんあります。

 

2016年は11月27日(日)から12月25日(日)までの祝日、土曜日、日曜日です。

日にちにすると11月27日、12月3日、4日、10日、11日、17日、18日、23日、24日、25日の10日間です。

16時半ごろから21時までの点灯です。

今年の点灯式はレスリング女子日本代表の吉田沙保里選手でした。

 

クリスマスならでは

 

同じく正門前広場にはクリスマスの時期限定のカフェがオープンします。

今年はククルザポップコーンとトッティキャンディファクトリーの2店舗がオープンします。

ククルザポップコーンはアメリカ・シアトル発のポップコーン専門店です。

日本には6店舗展開しています。

特徴はオリジナリティある味で、メニューのほとんどは絶妙な味の掛け合わせです。

この冬には季節限定のメニューも出ているので、この期間限定カフェでも食べられると良いですね。

トッティキャンディファクトリーは原宿の若者に人気のお店です。

カラフルで独特の形をした綿あめをテレビや雑誌で一度は見たことあるはずです。

普段は原宿に出ることの少ない子供やお母さんたちはあまりの可愛さに釘付けになってしまうかもしれませんね。

 

 

競馬好きの大人も安心!

 

競馬場内のスタンド1階に子供の遊べるチャイルドコーナーや、乳幼児などにも対応できるベビーコーナーがあります。

この施設なら、やんちゃな子供を目の届く屋内で遊ばせることもできますし、乳児の授乳やおむつ替えなどもできてしまいますね。

コースの内側には子供が楽しめるアトラクションがたくさんあります。

馬がモチーフのうまゴーカートやポニーに乗れる乗馬体験などから、広場にはアスレチック施設もあるので子供が一日いても飽きない環境であると思います。

 

大人も子供も楽しめる競馬場

子供がいても安心して、家族で楽しめるのが中山競馬場です。

パドックで大きな馬の迫力を間近に感じ、スタンドからすごいスピードで走る馬を見られることは、子供にとって大きな印象になるでしょう。

大人も子供を近くに置きながら好きな馬に夢を託し一喜一憂する。

夕食は勝てば焼肉、負ければカップラーメンでしょうか。

しかし、子供連れでも安心して楽しめるが故に、競馬に熱中して子供を放っておくことがないように十分注意が必要です。

節度ある行動で中山競馬場を家族の思い出の場所の一つにしてもらいたいものです。

Sponsored Link