Sponsored Link

女子テニス界の中でも抜群のルックスを待つキャロラインウォズニアッキ選手。

超可愛いテニスプレイヤーとして日本でも有名です。

そんなキャロラインウォズニアッキ選手の実力はいかほどなのでしょうか。

世界ランキングは何位にいるのでしょうか。

可愛い画像と共にテニスの実力も調べてみました。

スポンサードリンク

世界ランキング

1990年7月11日、デンマークに生まれたキャロラインウォズニアッキ選手は7歳からテニスを始めました。

2005年にプロ転向を果たすと、デビュー以降ツアー優勝は27回を数えます。

そのうち2勝はダブルスでの優勝ですが、12年でそれだけの優勝回数は素晴らしいです。

当然、世界ランキングも上位に名を馳せるわけですが、2010年にはデンマーク人として男女通じて初めて世界ランキング1位の座を手にします。

ちなみにダブルスの最高位は52位です。

2005年にプロとしてスタートしてわずか5年で世界ランキング1位になるとは実力は世界が認めるところでしょう。

 

悔しい過去

世界ランキング1位の座に君臨するほどの実力者ですが、実は4大大会ではまだ1勝も出来ていません。

4大大会の最高成績は全米オープンの準優勝が最高です。

しかも2009年と20014年の2回とも敗れ準優勝に終わっています。

そんなことで彼女は【無冠の女王】という不名誉な呼ばれ方をします。

あと1歩のところで逃した悔しさは計り知れないでしょう。

 

日本でも発揮した実力

2016年の東レパンパシフィックオープンテニスで一躍脚光を浴びた選手と言えば大坂なおみ選手です。

強烈なサーブを武器に一気に決勝まで勝ち上がりました。

その勢いのまま初優勝を狙いましたがその前に立ちふさがったのがキャロラインウォズニアッキ選手なのです。

2010年にこの大会を制しているキャロラインウォズニアッキ選手の前に、思うようなテニスができなかった大坂選手という試合展開で、この大会2勝目という事になりました。

また、ジュニア時代には毎年日本で行われる世界スーパージュニアテニス選手権大会でも3年連続で出場し2度優勝しています。

日本は実力の発揮できる国なのかもしれません。

 

モデル並みのルックス

テニスの実力もさることながら美しい顔立ちと、身長177cmというスタイル活かし、企業の広告モデルとしても活躍しています。

ネットで閲覧できる画像にはパーティ仕様のエレガントなドレス姿や水着姿など、目を引くようなものが多いです。

母国デンマークでは元世界ランキング1位の選手ですし、スポンサーに名乗りを挙げる企業は多かったと思います。

その契約金は総額で1,000万ドルにも及ぶそうですから人気の高さが伺えますね。

 

世界トップの美女アスリートへ返り咲き

現在の世界ランキングは19位となっていますが獲得賞金は1億5,000万円にもなります。

全てのスポーツで美女アスリートが増えてきている中で、実力も兼ね備えているのがキャロラインウォズニアッキ選手です。

今シーズンも2勝していますし、復活をしてまたあの可愛らしい笑顔を見てみたいものです。

Sponsored Link